【会場リポート】ニュー「MINI」にワゴン登場

BMWは、東京ショーで「MINI」のルーフラインを延長し、右側に観音開き式のドアを備える「MINIクラブマン」をアジア初公開した。

■日本デビューは2008年春ごろ

「MINIクラブマン」はニューMINIをベースに、そのホイールベースを延長するとともに、リアのオーバーハングを伸ばしてカーゴスペースを拡大し、テールゲートを設けたワゴンだ。

このテールゲートが観音開きであることが大きな特徴だ。
ハッチバックモデルは4名乗車であったが、カントリーマンでは後席が広くなったことで5名乗車に。さらに後席へのアクセスを良くするために、右側に観音開きのリアドアを新設している。

「クーパークラブマン」と「クーパーSクラブマン」の2種のバリエーションがあり、日本市場では来春に発売される予定だ。

サイズは全長が多少長くはなったが、相変わらずコンパクトなことには変わりなく、後席が広くなって、荷物がたくさん積めるようになったクラブマンは、さらにミニの人気を高めるに違いない。

(別冊単行本編集室 伊東)

「MINIクラブマン」
「MINIクラブマン」
 
ニュー「MINI」にワゴン登場【会場リポート】の画像
 
ニュー「MINI」にワゴン登場【会場リポート】の画像
 
ニュー「MINI」にワゴン登場【会場リポート】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIクラブマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIジョンクーパーワークス クラブマン(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.10 試乗記 「MINIクラブマン」に追加されたホットモデル「ジョンクーパーワークス」に試乗。ワゴンボディーがもたらす高い利便性と、“JCW”専用チューニングによる高い走行性能は果たして両立するのか。340kmあまりのドライブで得られた結論とは?
  • MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー(4WD/8AT)【試乗記】 2017.11.3 試乗記 フルモデルチェンジですっかり貫禄のついた「MINIクロスオーバー」に、ハイパフォーマンスモデルの「ジョンクーパーワークス」が登場。231psの高出力ガソリンターボエンジンと、シンプルながらも効果テキメンの4WDシステムがかなえる走りを試す。
  • MINIクーパー クラブマン(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.26 試乗記 シリーズでもっとも大きなボディーを持つにいたった新型「MINIクラブマン」。「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に匹敵する立派なボディーがもたらす走りとは? 1.5リッター直3エンジンを搭載する「クーパー」に試乗した。
  • 【LAショー2017】マツダがマイナーチェンジ版「アテンザ」を世界初公開 2017.11.30 自動車ニュース
  • ルノー・メガーヌ スポーツツアラーGT(FF/7AT)【レビュー】 2017.12.2 試乗記