【スペック】全長×全幅×全高=4660×1815×1415mm/ホイールベース=2730mm/車重=1690kg/駆動方式=FR/5リッターV8DOHC32バルブ(423ps/6600rpm、51.5kgm/5200rpm)価格=766.0万円

レクサスIS F(FR/8AT)【試乗記】

レクサスの挑戦 2007.10.30 試乗記 レクサスIS F(FR/8AT)

レクサスから「IS」ベースのスポーティセダン「IS F」がデビューした。5リッターV8エンジンを搭載するニューモデルにサーキットで試乗した。

アグレッシブな外観

「レクサスIS F」は、いうまでもなくトヨタの「M3」である。スポーティセダンのベンチマーク「BMW3シリーズ」に照準を合わせた「ISシリーズ」のハイフォーマンス版で、“M”を掲げるミュンヘンに対抗して、三河のメーカーはFujiを意味する“F”を使うことにした。もちろん、富士スピードウェイを暗示する。

M3は、日本にはクーペボディしか輸入されないが、ご存じの通り本国には4枚ドアがある。最新世代の“M”が直6を捨てV8を採用したのに倣って、極東の“F”もV6に替えV8を搭載した。レクサスは、LS600hで「新しい高級セダンの行き方」を示したのだから、ぜひスポーティセダンでも……と思わないでもないが、資本主義社会の市場がそれほど甘い場所でないことをレクサス、もとい! トヨタは重々承知している。だからこそ世界一の生産台数をほこるようになったわけで、4リッターのM3に対抗して、5リッターをブツけるというミもフタもないことができるのも、ひとつの強さだろう。ハイパフォーマンス・ハイブリッドは「もうすこし待て」ということ……、と期待したい。

IS Fのボディサイズは、全長×全幅×全高=4660(+85)×1815(+20)×1415(−15)mm(カッコ内はIS比)。エアインテークを広くとり大型化したフロントバンパー、大排気量エンジンを示唆する盛り上がったボンネット。フロントフェンダー後部にはエアアウトレットが設けられ、サイドスカートが付き、リアにはこれまた専用にデザインされたリアパンパー。グッとアグレッシブな外観になったV8 ISの極めつけは、八の字型になった4本出しのマフラーエンドである。わかりやすい。
2730mmのホイールベースは通常のISと変わらないが、足もとには、ひとまわりも、ふたまわりもスポーティな、前225/40R19、後255/35R19の大径ホイール&扁平タイヤが履かれる。

 
レクサスIS F(FR/8AT)【試乗記】の画像
 
レクサスIS F(FR/8AT)【試乗記】の画像
 
レクサスIS F(FR/8AT)【試乗記】の画像
関連記事
  • レクサスGS F(FR/8AT)【試乗記】 2016.3.25 試乗記 477psの5リッターV8エンジンを搭載するレクサスのハイパフォーマンスセダン「GS F」に試乗。サーキットで鍛えられた走行性能は、その一方でごく日常的な走りの場面において、どのような味わいをもたらしてくれるのだろうか。
  • レクサスGS F(FR/8AT)【試乗記】 2015.12.24 試乗記 5リッターV8エンジンを搭載する、レクサスのハイパフォーマンスセダン「GS F」に、サーキットと一般道で試乗。開発陣が「これまでの“F”モデルで培ってきた、全ての技術と知見を注ぎ込んだ」と自信を見せる、走りの質を確かめた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • レクサスIS F“ダイナミックスポーツチューニング”(FR/8AT)【試乗記】 2014.1.29 試乗記 「レクサスIS F」に特別仕様車「ダイナミックスポーツチューニング」が登場。動力性能に磨きをかけた、特別な「IS F」の実力を試す。
  • レクサスIS250 Fスポーツ(FR/6AT)/レクサスIS F(FR/8AT)【試乗記】 2011.1.12 試乗記 レクサスIS250 Fスポーツ(FR/6AT)/レクサスIS F(FR/8AT)
    ……502万5000円/832万3150円

    控え目を旨とするレクサスの個性は、いまひとつ伝わりにくい。けれども、「レクサスIS」シリーズのスポーティ仕様2台は、このブランドの個性を明確に伝えてくれた。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
ホームへ戻る