【スペック】全長×全幅×全高=4660×1815×1415mm/ホイールベース=2730mm/車重=1690kg/駆動方式=FR/5リッターV8DOHC32バルブ(423ps/6600rpm、51.5kgm/5200rpm)価格=766.0万円

レクサスIS F(FR/8AT)【試乗記】

レクサスの挑戦 2007.10.30 試乗記 レクサスIS F(FR/8AT)

レクサスから「IS」ベースのスポーティセダン「IS F」がデビューした。5リッターV8エンジンを搭載するニューモデルにサーキットで試乗した。

アグレッシブな外観

「レクサスIS F」は、いうまでもなくトヨタの「M3」である。スポーティセダンのベンチマーク「BMW3シリーズ」に照準を合わせた「ISシリーズ」のハイフォーマンス版で、“M”を掲げるミュンヘンに対抗して、三河のメーカーはFujiを意味する“F”を使うことにした。もちろん、富士スピードウェイを暗示する。

M3は、日本にはクーペボディしか輸入されないが、ご存じの通り本国には4枚ドアがある。最新世代の“M”が直6を捨てV8を採用したのに倣って、極東の“F”もV6に替えV8を搭載した。レクサスは、LS600hで「新しい高級セダンの行き方」を示したのだから、ぜひスポーティセダンでも……と思わないでもないが、資本主義社会の市場がそれほど甘い場所でないことをレクサス、もとい! トヨタは重々承知している。だからこそ世界一の生産台数をほこるようになったわけで、4リッターのM3に対抗して、5リッターをブツけるというミもフタもないことができるのも、ひとつの強さだろう。ハイパフォーマンス・ハイブリッドは「もうすこし待て」ということ……、と期待したい。

IS Fのボディサイズは、全長×全幅×全高=4660(+85)×1815(+20)×1415(−15)mm(カッコ内はIS比)。エアインテークを広くとり大型化したフロントバンパー、大排気量エンジンを示唆する盛り上がったボンネット。フロントフェンダー後部にはエアアウトレットが設けられ、サイドスカートが付き、リアにはこれまた専用にデザインされたリアパンパー。グッとアグレッシブな外観になったV8 ISの極めつけは、八の字型になった4本出しのマフラーエンドである。わかりやすい。
2730mmのホイールベースは通常のISと変わらないが、足もとには、ひとまわりも、ふたまわりもスポーティな、前225/40R19、後255/35R19の大径ホイール&扁平タイヤが履かれる。

 
レクサスIS F(FR/8AT)【試乗記】の画像
 
レクサスIS F(FR/8AT)【試乗記】の画像
 
レクサスIS F(FR/8AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • レクサスGS F(FR/8AT)【試乗記】 2016.3.25 試乗記 477psの5リッターV8エンジンを搭載するレクサスのハイパフォーマンスセダン「GS F」に試乗。サーキットで鍛えられた走行性能は、その一方でごく日常的な走りの場面において、どのような味わいをもたらしてくれるのだろうか。
  • レクサスのスポーツセダン「IS」がマイナーチェンジ 2016.10.20 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年10月20日、レクサスブランドのスポーツセダン「IS」をマイナーチェンジ。同日、販売を開始した。各部のデザインが変更された最新型では、“ISのDNA”とされる「運転の楽しさ」についても熟成を図ったという。
  • レクサスGS F 2015.11.25 画像・写真 最高出力477ps、最大トルク54.0kgmを発生する、自然吸気の5リッターV8エンジンを搭載。レクサスの高性能スポーツセダン「GS F」が、2015年11月25日にデビューした。その姿を写真で紹介する。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • レクサスGS F(FR/8AT)【試乗記】 2015.12.24 試乗記 5リッターV8エンジンを搭載する、レクサスのハイパフォーマンスセダン「GS F」に、サーキットと一般道で試乗。開発陣が「これまでの“F”モデルで培ってきた、全ての技術と知見を注ぎ込んだ」と自信を見せる、走りの質を確かめた。
ホームへ戻る