手前が、来年の日本市場における目玉となる新型「トゥインゴ」。
ルノー、新型「トゥインゴ」には右ハンドルも【会場リポート】

【会場リポート】ルノー、新型「トゥインゴ」は来年秋ごろ、右ハンドル仕様も

「GT-R」の発表でごった返す日産ブースの向かい、その余韻が冷めやらぬタイミングでルノーのプレスカンファレンスが行われた。壇上のルノー・ジャポン徳山公信COOは、まず今後の日本市場に投入するモデルとして2台を紹介した。

新型「トゥインゴ」
ルノー、新型「トゥインゴ」には右ハンドルも【会場リポート】
「ルーテシア イニシャル・パリ」
ルノー、新型「トゥインゴ」には右ハンドルも【会場リポート】
「カングー・コンパクト・コンセプト」
ルノー、新型「トゥインゴ」には右ハンドルも【会場リポート】

■「カングー・コンパクト・コンセプト」も注目

1台は「ルーテシア」のトップグレードとなる「イニシャル・パリ」。“パリが育てたコンパクト・ラクシャリー”をテーマにしたモデルで、内装には本革シートやチェリーウッド、ウォルナットが奢られている。つまりかつての「バカラ」にあたる“小さな高級車”で、11月末からデリバリーが始まるという。

もう1台が、新型「トゥインゴ」。1993年にデビューした先代は全世界で240万台を売るというヒットを飛ばした。
ちなみに先代の日本での販売台数は、5000台だったとのこと。徳山COOは「先代トゥインゴは左ハンドルだけだったが、新型は右ハンドルを用意した」と述べ、日本でのさらなる拡販に意欲を見せた。
ハンドル位置のほかにも、ベーシックモデルであっても日本市場では欠かせないオートエアコン等の快適装備を用意している。「ルノーのコンパクトカー作りのノウハウを注ぎ込んだ自信作」というのが徳山COOのコメントだ。
日本での発売は、来年秋から冬にかけてだという。

コンセプトモデルでは、「カングー・コンパクト・コンセプト」が今回の目玉とのこと。東京に先立って行われたフランクフルトのモーターショーでデビューしたマルチ・パーパス・ビークルで、リアゲートから乗り込んでローラーブレードを履く様子が実演されると、いたるところで「このまま市販してほしい」という声があがった。

(文=サトー タケシ)

後席から乗り降りするという意外さが、集まったプレス関係者には受けていた。
ルノー、新型「トゥインゴ」は来年秋ごろ、右ハンドル仕様も【会場リポート】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。