第14回:フェラーリなんて「マカデミアン・ナッツ」?日本未発売イタリア車の魅力

2007.10.28 エッセイ

第14回:フェラーリなんて「マカデミアン・ナッツ」? 日本未発売イタリア車の魅力

ビーフジャーキーなイタリア車

ボクは、本国で走り回っているイタリア車と日本に輸入されているイタリア車の違いを、土産物に当てはめて考えてしまう。
たとえば、アルファ・ロメオ、ランチア、フェラーリ、マセラティは、土産物における永遠の定番・マカデミアンナッツ・チョコとビーフジャーキーである。

その心は、「本国で売っているものが、すべて日本でも買える」だ。
もちろん日本市場に適合させるための仕様変更は承知である。また細かいグレードやスペックで見れば、日本に導入されていない車種はたくさんある。しかし、モデルラインで見れば、ほとんどが輸入されていることは事実だ。成田でも買えるお土産と同じなのである。

パンダ・アレッシィは斜塔ワイン

対して、「フィアット・パンダ」の特別仕様車「アレッシィ」は、土産でいえば、ピサの斜塔やエッフェル塔の型をしたワインである。
その心は、「実際に住んでいる人は、あまり口にしないもの」だ。
たしかにアレッシィは、イタリアンムード溢れていて、本国でもデザイン誌をはじめとするメディアで採り上げられてきた。もともとイタリアの工業デザインに惹かれてこの地に住んでしまったボクも、お金とガレージがあれば1台欲しい。
しかし実際はというと、ボクがイタリアで路上を走っているアレッシィを目撃したのは一度だけである。やはりこの国の一般人にとってパンダとは“激”ノーマル仕様で、乾いた雑巾をまた絞るがごとく使い倒すものなのだ。

イタリアの、とあるフィアット・ショールームの風景。
イタリアの、とあるフィアット・ショールームの風景。
日本未導入フィアットの数々。これは「イデア」。メルセデス「Aクラス」よりもお買い得感と軽快感で受けている。
日本未導入フィアットの数々。これは「イデア」。メルセデス「Aクラス」よりもお買い得感と軽快感で受けている。
ゴルフを迎え撃つ「ブラーヴォ」。シエナの我が家の近所にて。
ゴルフを迎え撃つ「ブラーヴォ」。シエナの我が家の近所にて。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。