本格的なスロットカーのサーキット。小学生以下限定です。
子ども連れのオアシス発見!【みどころナビ】

【みどころナビ】子ども連れのオアシス発見! オトーサンもハマるかも

モーターショーは行きたいけれど子どもが退屈しそう……、なんて考えている方も多いのではないでしょうか。そんな人のために、ショー会場にある子供向けブースを紹介します。

トミカのブースでは、スケールの大きいジオラマが準備されています。
子ども連れのオアシス発見!【みどころナビ】
チョロQのブースでは、実際に“マシン”を走らせることもできます。
子ども連れのオアシス発見!【みどころナビ】
「幼児マットコーナー」。ここで思いきり体を動かしてリフレッシュ!
子ども連れのオアシス発見!【みどころナビ】

■キッズ向けスペースを活用しよう

ウチの場合も、何事にも15分で飽きてグズりはじめる幼稚園年中組の次男が不安の種でした。けれども、心配はご無用。子ども向けブースが充実していることを、しかとチェックしてきました。
いいですか、「北ホール2階」という言葉を覚えておいてください。「子どもが飽きたら北ホール」、これが合い言葉(?)です。

じゃあ北ホール2Fに何があるかというと、まず目につくのがスロットカー・サーキット。コントローラーで32分の1のスロットカーを操縦するこの遊びは、シンプルながら実に奥が深い。ついついオトーサンもコントローラーを手にしたくなりますが、残念ながら遊べるのは小学生以下に限定されます。

続いて、トミカのチョロQコーナー。こちらも赤外線でチョロQコントロールできるという「Qステア」が体験できることなどから、かなり子どもにはウケそうです。
しかも、東京モーターショー開催記念の、ショー会場でしか買えない限定モデルがあるそうなので、こちらも見逃せません。もしかすると、ミニカー好き、限定モノ好きのオトーサンがハマってしまうかもしれません。

ほかにも、専門のベビーシッターが常駐して3〜6歳の子どもを預かってくれる「乳児・幼児サービスセンター」、ふかふかのマットの上で思いきり遊ぶことができる「幼児マットコーナー」など、子ども向けブースはかなり充実しています。
心配なのは、「ここでずっと遊んでる!」という子どもが現れることと、子どもそっちのけでオトーサンがミニカーやスロットカーに夢中になってしまうことでしょうか。

(文=サトータケシ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。