第447回:うまくて太らず、しかも儲かる!? 恐るべし“3シリーズ式ダイエット”!

2012.02.19 エッセイ

第447回:うまくて太らず、しかも儲かる!?恐るべし“3シリーズ式ダイエット”!

これは“ハイパフォーマンスエコカー”だ!

やられたやられた、まったくもってやられましたよ。そ、新型「BMW 3シリーズ」。というのも、その出来の良さだけでなく、ビジネスのうまさ、レトリックの巧みさにおいてね。

『webCG』読者のみなさまにはいまさらのスポーツセダンも、今回で6代目。最初は中核モデル「328i」のみの発売だけど、なにより驚いたのは、メインディッシュたるエンジンだ。

BMW自慢の“新世代ダウンサイジング系”で、わずか2リッターの直噴直4シングルターボエンジンでありながら、最高出力245psに最大トルク35.6kgmの猛スペックを達成!! これはBMWが同格としている先代の直6モデル「325i」に比べ、パワーで13%、トルクで30%のアップ。しかも、最新の8段ATやアイドリングストップ機構なども組み合わせて、燃費は24%アップの15.6km/リッター! ただし、測定モードは10・15モードですけど。

まぁ、「プリウス」なんかと比べるとアレだが、直接的なライバルと比べるとそのスペックは圧巻で、例えば現行「メルセデス・ベンツCクラス」の、1.8リッター直4ターボを積む上級モデル「C250」が204psで13.8km/リッター、「アウディA4」の「2.0 TFSIクワトロ」が同じく211psに12.0km/リッター(共に10・15モード燃費)と、新型「3シリーズ」の方がパワーは圧倒的に高い上、燃費まで良い。正直、スペックで比べると「3シリーズ」の圧勝。これはもう、“ハイパフォーマンスエコカー”といえる。

新型「BMW 3シリーズ」。日本では2012年1月30日に「328i」が発売された。追って年内に「320i」とハイブリッドモデル「アクティブハイブリッド3」が加えられる見込み。
新型「BMW 3シリーズ」。日本では2012年1月30日に「328i」が発売された。追って年内に「320i」とハイブリッドモデル「アクティブハイブリッド3」が加えられる見込み。
フロントに縦置きされる、2リッター直4ターボエンジン。上位モデルの「528i」にも採用されている。
フロントに縦置きされる、2リッター直4ターボエンジン。上位モデルの「528i」にも採用されている。
 
第447回:うまくて太らず、しかも儲かる!? 恐るべし“3シリーズ式ダイエット”!の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

3シリーズ セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

関連記事 ホームへ戻る