「430スクーデリア」
「フェラーリ430スクーデリア」日本初公開【会場リポート】

「フェラーリ430スクーデリア」日本初公開【会場リポート】

今年のフェラーリのブースは中央に置かれたライトブルーにペイントされた「430スクーデリア」が主役だった。

「フェラーリ599」
「フェラーリ430スクーデリア」日本初公開【会場リポート】
「フェラーリ612」
「フェラーリ430スクーデリア」日本初公開【会場リポート】

■フェラーリF1マシンから得たノウハウを結集

今年のフランクフルトショーでデビューしたばかりのホットモデルで、一見しただけでも、ホイールから覗く巨大なブレーキがタダモノでないことを物語っている。

ミハエル・シューマッハーが開発にかかわったとアナウンスされており、メカニズムにはF1グランプリレースでのノウハウが数多くフィードバックされている。
その中でも特筆すべきは、シフトタイムが0.06秒に短縮されたことだ。
さらに「E-Diff」と呼ばれる電子制御式ディファレンシャルと、トラクション・スタビリティコントロールを統合制御するシステムが採用されている。

また、ボディの広範囲にわたって軽量化が行われ、「430クーペ」の1450kgと比較して約200kgの重量削減を果たし、1250kgという極めて優秀な数値を得ている。同時に4.3リッターV8ユニットも、ノーマルモデルより最高出力が27ps引き上げられて510ps/8500rpmを発生。馬力あたり重量は2.45kgに軽減されている。
「430スクーデリア」は世界中のフェラリスタの熱い視線を集め、驚異的なペースで購入申し込み殺到していると言われる。
このほか「612スカリエッティ・エンハンスト」と「599」のV12モデルも、エレガントな姿を披露していた。

(別冊単行本編集室 伊東)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2016.7.26 試乗記 車名も新たに、大幅に進化したフェラーリのフル4シーター4WDクーペ「GTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12自然吸気ユニットを高らかに歌わせれば、真に贅沢(ぜいたく)なグランツーリズモとは何なのかが、即座に理解できるだろう。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
ホームへ戻る