ボルボ新型「V70」7年ぶりのフルモデルチェンジ東京モーターショーで発表

2007.10.26 自動車ニュース

ボルボ新型「V70」7年ぶりのフルモデルチェンジ東京モーターショーで発表

ボルボの主力ワゴン「V70」がモデルチェンジを受け、2007年10月25日、日本での仕様が発表された。

ニューV70は、従来よりモデルのポジションを上げ、「メルセデス・ベンツEクラス」「BMW5シリーズ」の顧客層に焦点を当てる。
ややシャープになった顔つきと、逆にすこしソフトになったリアビュー。ボディサイズは、全長×全幅×全高=4825×1890×1545mmと大幅に拡大した。ホイールベースは、先代比55mm増しの2815mm。
その恩恵で、ラゲッジスペースは60リッター増えて575リッター。リアシートを畳めば1600リッターとなる。

室内は、S40/V50で採用されたフローティングセンタースタックと呼ばれる、板のようなセンターコンソールがV70でも使われた。後席には、座面を2段階で上昇させる、内蔵式チャイルドシートが用意される。

エンジンは、2.5リッター直5(200ps、30.6kgm)、3.2リッター直6(238ps、32.6kgm)、3リッター直6ターボ(285ps、40.8kgm)の3種類。組み合わされるトランスミッションは、いずれも6段AT。
グレード名と駆動方式は、「2.5T LE」(FF)、「3.2SE」(FF)、「3.2SE AWD」(4WD)、「T-6 TE AWD」(4WD)となる。

2007年11月1日から受注を始めるのは、2車種。
・V70 3.2SE=575万円
・V70 T-6 AWD=750万円

車格向上を狙って、価格も1ステージ上昇した印象だ。残り2グレードは、2008年に入ってから販売が開始される。

(webCG アオキ)


ボルボ新型「V70」7年ぶりのフルモデルチェンジ東京モーターショーで発表の画像

ボルボ新型「V70」7年ぶりのフルモデルチェンジ東京モーターショーで発表の画像

ボルボ新型「V70」7年ぶりのフルモデルチェンジ東京モーターショーで発表の画像

ボルボ新型「V70」7年ぶりのフルモデルチェンジ東京モーターショーで発表の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V70の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る