ボルボ新型「V70」7年ぶりのフルモデルチェンジ東京モーターショーで発表

2007.10.26 自動車ニュース

ボルボ新型「V70」7年ぶりのフルモデルチェンジ東京モーターショーで発表

ボルボの主力ワゴン「V70」がモデルチェンジを受け、2007年10月25日、日本での仕様が発表された。

ニューV70は、従来よりモデルのポジションを上げ、「メルセデス・ベンツEクラス」「BMW5シリーズ」の顧客層に焦点を当てる。
ややシャープになった顔つきと、逆にすこしソフトになったリアビュー。ボディサイズは、全長×全幅×全高=4825×1890×1545mmと大幅に拡大した。ホイールベースは、先代比55mm増しの2815mm。
その恩恵で、ラゲッジスペースは60リッター増えて575リッター。リアシートを畳めば1600リッターとなる。

室内は、S40/V50で採用されたフローティングセンタースタックと呼ばれる、板のようなセンターコンソールがV70でも使われた。後席には、座面を2段階で上昇させる、内蔵式チャイルドシートが用意される。

エンジンは、2.5リッター直5(200ps、30.6kgm)、3.2リッター直6(238ps、32.6kgm)、3リッター直6ターボ(285ps、40.8kgm)の3種類。組み合わされるトランスミッションは、いずれも6段AT。
グレード名と駆動方式は、「2.5T LE」(FF)、「3.2SE」(FF)、「3.2SE AWD」(4WD)、「T-6 TE AWD」(4WD)となる。

2007年11月1日から受注を始めるのは、2車種。
・V70 3.2SE=575万円
・V70 T-6 AWD=750万円

車格向上を狙って、価格も1ステージ上昇した印象だ。残り2グレードは、2008年に入ってから販売が開始される。

(webCG アオキ)


ボルボ新型「V70」7年ぶりのフルモデルチェンジ東京モーターショーで発表の画像

ボルボ新型「V70」7年ぶりのフルモデルチェンジ東京モーターショーで発表の画像

ボルボ新型「V70」7年ぶりのフルモデルチェンジ東京モーターショーで発表の画像

ボルボ新型「V70」7年ぶりのフルモデルチェンジ東京モーターショーで発表の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • 「アルファ・ロメオ・ジュリア」の年内導入が決定 2017.6.23 自動車ニュース FCAジャパンは2017年6月23日、アルファ・ロメオの新型スポーツセダン「ジュリア」について、同年内に販売を開始すると発表した。流麗なスタイルを持つボディーや最高出力510ps、0-100km/h加速は3.9秒というパフォーマンス(上級グレード)などを特徴とする。
  • ロールス・ロイス、新型「ファントム」を7月末に発表 2017.6.1 自動車ニュース 英ロールス・ロイスが、新型「ファントム」を7月末にロンドンのメイフェアで公開すると発表した。ファントムは1925年に誕生したロールス・ロイスの最上級モデルであり、今回披露される新型は、その8代目にあたる。
ホームへ戻る