ボルボ新型「V70」7年ぶりのフルモデルチェンジ東京モーターショーで発表

2007.10.26 自動車ニュース

ボルボ新型「V70」7年ぶりのフルモデルチェンジ東京モーターショーで発表

ボルボの主力ワゴン「V70」がモデルチェンジを受け、2007年10月25日、日本での仕様が発表された。

ニューV70は、従来よりモデルのポジションを上げ、「メルセデス・ベンツEクラス」「BMW5シリーズ」の顧客層に焦点を当てる。
ややシャープになった顔つきと、逆にすこしソフトになったリアビュー。ボディサイズは、全長×全幅×全高=4825×1890×1545mmと大幅に拡大した。ホイールベースは、先代比55mm増しの2815mm。
その恩恵で、ラゲッジスペースは60リッター増えて575リッター。リアシートを畳めば1600リッターとなる。

室内は、S40/V50で採用されたフローティングセンタースタックと呼ばれる、板のようなセンターコンソールがV70でも使われた。後席には、座面を2段階で上昇させる、内蔵式チャイルドシートが用意される。

エンジンは、2.5リッター直5(200ps、30.6kgm)、3.2リッター直6(238ps、32.6kgm)、3リッター直6ターボ(285ps、40.8kgm)の3種類。組み合わされるトランスミッションは、いずれも6段AT。
グレード名と駆動方式は、「2.5T LE」(FF)、「3.2SE」(FF)、「3.2SE AWD」(4WD)、「T-6 TE AWD」(4WD)となる。

2007年11月1日から受注を始めるのは、2車種。
・V70 3.2SE=575万円
・V70 T-6 AWD=750万円

車格向上を狙って、価格も1ステージ上昇した印象だ。残り2グレードは、2008年に入ってから販売が開始される。

(webCG アオキ)


ボルボ新型「V70」7年ぶりのフルモデルチェンジ東京モーターショーで発表の画像

ボルボ新型「V70」7年ぶりのフルモデルチェンジ東京モーターショーで発表の画像

ボルボ新型「V70」7年ぶりのフルモデルチェンジ東京モーターショーで発表の画像

ボルボ新型「V70」7年ぶりのフルモデルチェンジ東京モーターショーで発表の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • 「オートモビル カウンシル2017」の会場から(ボルボ) 2017.8.5 画像・写真 最新モデル「V90」の特別仕様車に加え、歴代の人気モデルが展示されていたボルボのブース。「240」「850」といった人気モデルや、ベルトーネがデザインを手がけた貴重な2ドアクーペ「780」などの姿を、写真でリポートする。
  • 第52回:自動ブレーキが欲しい! 2017.8.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第52回は「自動ブレーキが欲しい!」。「ランチア・デルタ」の後継となる、“牛丼車”の購入計画が本格始動。毎日乗りたいからこそ重視するものとは? 5年後に還暦を迎える筆者のクルマ選びに、大きな変化が起きる! 
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
ホームへ戻る