【会場リポート】アルピナ「B3 BiTurbo」「B6S Cabrio Supercharge」初上陸

アルピナのプレスカンファレンスでは、アンドレアス・ボーフェンジーペン副社長自ら、4台のニューモデルを発表した。

■パワーアップされた「B3 BiTurbo」

「B6S Cabrio Supercharge」はワールドプレミアとなる。
直列6気筒のツインターボエンジンを搭載した4ドアセダンの「B3 BiTurboリムジン」と「B3 BiTurboカブリオレ」、V8エンジンを搭載した「B5S Supercharge」がジャパンプレミアで、4台のニューモデルが並べられた。

B3 BiTurboは、3シリーズ(E90)をベースにしたモデルで、3リッターエンジンは370ps/5500rpmを発揮する。B5とB6に搭載されるのは4.4リッターV8のスーパーチャージャー付きユニットだが、今回改良が施されたことで、旧型より27psパワーアップされ、537ps/5500rpmの最高出力を発生する。

(別冊単行本編集室 伊東)

「B6S Cabrio Supercharge」
「B6S Cabrio Supercharge」 拡大
「B3 BiTurboリムジン」
「B3 BiTurboリムジン」 拡大
「B3 BiTurboカブリオレ」
「B3 BiTurboカブリオレ」 拡大
「B5S Supercharge」
「B5S Supercharge」 拡大

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

B3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る