【会場リポート】アルピナ「B3 BiTurbo」「B6S Cabrio Supercharge」初上陸

アルピナのプレスカンファレンスでは、アンドレアス・ボーフェンジーペン副社長自ら、4台のニューモデルを発表した。

■パワーアップされた「B3 BiTurbo」

「B6S Cabrio Supercharge」はワールドプレミアとなる。
直列6気筒のツインターボエンジンを搭載した4ドアセダンの「B3 BiTurboリムジン」と「B3 BiTurboカブリオレ」、V8エンジンを搭載した「B5S Supercharge」がジャパンプレミアで、4台のニューモデルが並べられた。

B3 BiTurboは、3シリーズ(E90)をベースにしたモデルで、3リッターエンジンは370ps/5500rpmを発揮する。B5とB6に搭載されるのは4.4リッターV8のスーパーチャージャー付きユニットだが、今回改良が施されたことで、旧型より27psパワーアップされ、537ps/5500rpmの最高出力を発生する。

(別冊単行本編集室 伊東)

「B6S Cabrio Supercharge」
「B6S Cabrio Supercharge」
「B3 BiTurboリムジン」
「B3 BiTurboリムジン」
「B3 BiTurboカブリオレ」
「B3 BiTurboカブリオレ」
「B5S Supercharge」
「B5S Supercharge」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

B3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • レクサスLS500“エグゼクティブ”(4WD/10AT)【試乗記】 2018.2.19 試乗記 レクサスのフラッグシップセダン「LS」に試乗。今回のテスト車は、助手席側後席を最上級VIP席とする“エグゼクティブ”仕様。ドイツの御三家とはひと味違う、日本流の“おもてなし”について考えた。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.26 試乗記 ブラック基調のドレスアップやスポーティーなチューニングを特徴とする、ロールス・ロイスの2ドアクーペ「レイス ブラックバッジ」に試乗。メーカー自ら「ロールス・ロイスブランドのダークな側面を強調した」とアピールする、走りの質を報告する。
  • マクラーレン720Sラグジュアリー(MR/7AT)【試乗記】 2018.1.23 試乗記 最新のカーボンファイバーシャシーや最高出力720psのターボエンジンが与えられた、マクラーレンの中核モデル「720S」に試乗。歴代のマクラーレンを含む、さまざまなスーパースポーツに接してきた清水草一が、その実力を報告する。
  • 「フェラーリ・ポルトフィーノ」が日本デビュー 2018.2.19 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2018年2月19日、東京都千代田区のパレスホテル東京において、新型オープンスポーツカー「ポルトフィーノ」を日本初公開した。税込み価格は2530万円となる。
ホームへ戻る