フォードはSUVとスペシャルティに集中【会場リポート】

【会場リポート】フォードはSUVとスペシャルティに集中

フォードの出展車両は4台。いずれもアメリカ色の強いクルマで、欧州フォード車の展示はない。その意味は?

「エスケープアドベンチャー」と、スピーチをするフォード・ジャパンのランディ・クリーガー社長
フォードはSUVとスペシャルティに集中【会場リポート】

■「Make Every Day Exciting」を約束するクルマ

「Make Every Day Exciting」
フォード・ジャパンのランディ・クリーガー社長は、2006年より提唱する新しいコンセプトを、スピーチの中で繰り返しアピールした。
この「Make Every Day Exciting」を約束するクルマとして、すでに導入済みの「エクスプローラースポーツトラック」のほか、2台が紹介された。

プレスブリーフィングで発表されたワールドプレミアとなる「エスケープ・アドベンチャー」は、スペックなどの詳細は明かされていないが、現行エスケープのフェイスリフト版と見られ、2008年に予定されるマイチェンモデルの方向性を示唆するもの。
シルバーのアクセントを取り入れたフロントフェイスや、若干外側にオフセットされた18インチの大径ホイールなどで、オンロードでの存在感を高めたという。

ベールの下にあったもう一台「マスタングGTカリフォルニアスペシャル」も、4.6リッターV8モデルをベースに、内外装を“アメリカン”に飾ったクルマ。こちらも2008年中ごろに限定で発売される予定だ。

「マスタングGTカリフォルニアスペシャル」
フォードはSUVとスペシャルティに集中【会場リポート】

■欧州フォードは事実上の撤退

フォードというブランドに、力強さやタフなSUVなどをイメージすると考える同社では日本市場の販売車種を、SUVとスペシャルティカーに絞り込んだ。すなわち「マスタング」「エスケープ」「エクスプローラー」のアメリカフォードモデルである。

これまで扱っていた「モンデオ」「フォーカス」「フィエスタ」は出展もされず、「Make Every Day Exciting」のコンセプトに合わないということで、今後の展開も考えていないという。
「Ford from Europe」とアピールした数年前とは正反対ともいえるテーマに、顧客がついてこられるのかが心配だ。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マスタングの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • 「水野和敏的視点」 vol.106 フォード・マスタング 50 YEARS EDITION(前編) 2015.6.26 mobileCG 外観はレトロ、でも中身は最新。水野和敏氏は新型「マスタング」をこう見る。
  • シボレー・カマロ 2016.12.1 画像・写真 ゼネラルモーターズ・ジャパンが2017年の戦略を説明するビジネスコンファレンスを開催。その席で、2017年に導入する予定の新型「シボレー・カマロ」(米国仕様)を日本初公開した。6代目となる新型カマロの姿を、写真で紹介する。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • アバルト124スパイダー(FR/6MT)【試乗記】 2016.11.2 試乗記 アバルトのオープンスポーツモデル「アバルト124スパイダー」に試乗。市街地や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションを走り、ベースとなった「マツダ・ロードスター」との違いを浮き彫りにする。
ホームへ戻る