奥にあるのが「コンセプトX6 ActiveHybrid」、手前がコンセプトカーの1シリーズ「tii」
BMW、「M3セダン」世界初登場【会場リポート】

【会場リポート】BMW、「M3セダン」世界初登場

BMWはこの東京ショーで、「M3セダン」を世界で初めて公開。また、BMWが熱心に取り組む水素エンジンにもふれ、環境対策についても語った。

ワールドプレミアの「M3セダン」
BMW、「M3セダン」世界初登場【会場リポート】
「コンセプトX6 ActiveHybrid」
BMW、「M3セダン」世界初登場【会場リポート】

■「tii」の名が復活する!

ショーでの注目は、「M3セダン」のワールドプレミア。「M3」と名づけたスポーツモデルを3シリーズセダンに導入してから、今回のモデルが4世代目になる。これまでのM3と同様にサーキットで開発した公道用のハイパフォーマンスセダンだ。420psの4リッターV8エンジンは、一足先に発売されたクーペと同一で、0-100km加速4.9秒のパフォーマンスを発揮する。

このほかBMWのワールドプレミアは、1シリーズクーペをベースにしたコンセプトカーの「1シリーズtii」だ。車両重量を極限まで軽減したうえに、前後軸の重量配分を最適化している。また、インテリアもスポーティに仕立てられている。tiiの名は、BMWにとっては名車の誉れ高い2002に用いられたもので、その意気込みの高さを感じさせる。
このほか新型6シリーズのクーペとカブリオレを日本市場で初めて公開した。
BMWのシュテファン・クラウゼ販売およびマーケティング担当取締役は、東京ショーにおいて、同社が行う環境対策についても詳細に説明した。
「BMWが熱心に取り組むのは水素エンジンだ。その理由は再生可能な水素を使うエンジンこそゼロエミッションを可能にするからだ。」と語った。

(別冊単行本編集室 伊東)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

M3セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る