【会場リポート】BMW、「M3セダン」世界初登場

BMWはこの東京ショーで、「M3セダン」を世界で初めて公開。また、BMWが熱心に取り組む水素エンジンにもふれ、環境対策についても語った。

■「tii」の名が復活する!

ショーでの注目は、「M3セダン」のワールドプレミア。「M3」と名づけたスポーツモデルを3シリーズセダンに導入してから、今回のモデルが4世代目になる。これまでのM3と同様にサーキットで開発した公道用のハイパフォーマンスセダンだ。420psの4リッターV8エンジンは、一足先に発売されたクーペと同一で、0-100km加速4.9秒のパフォーマンスを発揮する。

このほかBMWのワールドプレミアは、1シリーズクーペをベースにしたコンセプトカーの「1シリーズtii」だ。車両重量を極限まで軽減したうえに、前後軸の重量配分を最適化している。また、インテリアもスポーティに仕立てられている。tiiの名は、BMWにとっては名車の誉れ高い2002に用いられたもので、その意気込みの高さを感じさせる。
このほか新型6シリーズのクーペとカブリオレを日本市場で初めて公開した。
BMWのシュテファン・クラウゼ販売およびマーケティング担当取締役は、東京ショーにおいて、同社が行う環境対策についても詳細に説明した。
「BMWが熱心に取り組むのは水素エンジンだ。その理由は再生可能な水素を使うエンジンこそゼロエミッションを可能にするからだ。」と語った。

(別冊単行本編集室 伊東)

奥にあるのが「コンセプトX6 ActiveHybrid」、手前がコンセプトカーの1シリーズ「tii」
奥にあるのが「コンセプトX6 ActiveHybrid」、手前がコンセプトカーの1シリーズ「tii」
ワールドプレミアの「M3セダン」
ワールドプレミアの「M3セダン」
「コンセプトX6 ActiveHybrid」
「コンセプトX6 ActiveHybrid」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

M3セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW M3セダン コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2017.12.21 試乗記 BMW伝統の高性能セダン「M3」に、さらに動力性能を突き詰めた上級グレード「コンペティション」が登場。よりパワフルなエンジンと専用チューニングの足まわり、そして多彩なセッティングを可能にする可変制御システムがかなえる走りを試す。
  • BMW M5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.12.25 試乗記 30年を超える歴史を持つハイパフォーマンスセダン「BMW M5」が、6代目にモデルチェンジ。600psのV8ツインターボエンジンに、新採用の8段AT、そしてモデル史上初の4WDシステムと、話題満載の新型の実力を試した。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”/LS500“Fスポーツ”/LS500h“Fスポーツ”【試乗記】 2017.12.21 試乗記 11年ぶりにフルモデルチェンジした、レクサスのフラッグシップセダン「LS」の仕上がりは? 伊豆の峠道やクローズドコースで、ハイブリッドモデル「LS500h」と、新開発ターボエンジン搭載車「LS500」に試乗した。
ホームへ戻る