インプレッサ最強グレード、「WRX STI」が登場

2007.10.25 自動車ニュース
「スバル・インプレッサ WRX STI」
「スバル・インプレッサ」に最強グレード「WRX STI」登場

インプレッサ最強グレード、「WRX STI」が登場

富士重工業は、ハッチバックモデル「インプレッサ」にホットバージョンの「WRX STI」を追加設定。2007年10月24日に発売した。価格は、344万4000円からとなる。

フェンダーの膨らみが際立つリアビュー。
フェンダーの膨らみが際立つリアビュー。

インプレッサ最強グレード、「WRX STI」が登場の画像

■ホッテスト・ハッチ

今年6月に発売された「スバル・インプレッサ」に、最強バージョンたる「WRX STI」が追加デビューした。

海外では4ドアセダンの「WRX」が流通しているが、今回ベースとなったのは、日本でなじみある5ハッチバックのインプレッサだ。

「Pure form for driving」(=走りの為の純粋なデザインの追求)を開発テーマにデザインされたボディのサイズは、全長×全幅×全高=4415×1795×1475mm。ノーマルより55mm拡幅されたフェンダーが、ラインナップのなかでも特異な雰囲気をかもし出す。
長さと高さに変わりはないが、ホイールベースは5mm延長された(2625mm)。

さらに、エクステリアでは、エンジンルームの熱を逃がすフロントバンパー後端のスリットや、ツインデュアルテールパイプが特徴となる。

「EJ20」型エンジンは、大台超えの308ps(トルクは43.0kgm)を発生する。
「EJ20」型エンジンは、大台超えの308ps(トルクは43.0kgm)を発生する。
ホイールは18インチが標準。交換前提のユーザー用に、「17インチ仕様」も用意される。
ホイールは18インチが標準。交換前提のユーザー用に、「17インチ仕様」も用意される。

インプレッサ最強グレード、「WRX STI」が登場の画像

■ランエボXを凌ぐ、「308ps」

エンジンは、2リッターツインスクロールターボの水平対向4気筒。
先にモデルチェンジを果たしたライバルの「三菱ランサーエボリューションX」は280ps据え置きだが、新型「WRX STI」は308ps/6400rpm、43.0kgm/4400rpmを発生する。次点のグレード「S-GT」に比べて、パワーで58ps、トルクは19kgの差をつけた。

トランスミッションは6MTのみで、駆動方式は言わずもがなの4WD。フロントデファレンシャルギヤは応答性に優れるトルク感応型LSDを、リヤデファレンシャルギヤには、スムーズな駆動配分を行うトルセンLSDを採用した。
センターデフの差動制限を自動または手動で調整できるDCCD(ドライバーズコントロールセンターデフ)に、3段階選べる自動制御を設定(マルチモードDCCD)。
コーナリング中の挙動を安定させる「VDC」は、ドライバーのコントロール範囲を広げた「マルチモードVDC」とし、運転の楽しさと高度な安全性を高次元で両立させたという。
「燃費重視」から「パフォーマンス重視」まで、エンジンレスポンスを3つのモードで選ぶ「SIドライブ」システムも備わる。

足まわりは、フロントがマクファーソンストラットで、リアがダブルウィッシュボーン式。ホイールは18インチの鋳造アルミ。オプションで同サイズのBBS製鍛造アルミも用意される。組み合わされる標準タイヤは、245/40R18サイズの 「ブリヂストンRE050A」だ。

代々、「世界ラリー選手権」(WRC)のベースモデルになることで知られる「WRX STI」。同社は新型についても、2008年1月1日に「グループNホモロゲーション」を取得すべく、FIA(国際自動車連盟)に申請するとのこと。ラリーフィールドでの勇姿が期待される。

価格は「WRX STI」が365万4000円で、カスタムを前提に装備を簡素化した「WRX STI 17インチタイヤ仕様」が、21万円安の344万4000円となっている。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • クロスオーバー「スバルXV」の新型がデビュー 2017.4.6 自動車ニュース スバルは2017年4月6日、クロスオーバーモデル「XV」の新型を発表した。同年5月24日に発売する。価格は「XV 1.6i EyeSight」の213万8400円から、「XV 2.0i-S EyeSight」の267万8400円まで。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
ホームへ戻る