トップ > インプレッション >BMW Z4 sDrive20i Cruising Edition(FR/8AT)【短評】 (2012.2.20)
BMW Z4 sDrive20i Cruising Edition(FR/8AT)【短評】
【スペック】全長×全幅×全高=4250×1790×1290mm/ホイールベース=2495mm/車重=1520kg/駆動方式=FR/2リッター直4DOHC16バルブターボ(184ps/5000rpm、27.5kgm/1250-4500rpm)/価格=519万円(テスト車=647万8000円)

自分のペースで走れる人へ

BMW Z4 sDrive20i Cruising Edition(FR/8AT)【短評】

BMW Z4 sDrive20i Cruising Edition(FR/8AT)
……647万8000円

2.5リッター直6搭載の「sDrive23i」に置き換わる形で登場した「sDrive20i」。新しい2リッター直4ターボは、「Z4」にどんな個性を与えたのか。

特別仕様車「Cruising Edition」の装備品は、サーボトロニック、ウインドディフレクター、オートマチックエアコン、「タービンスポーク」デザインのアルミホイールなど。
BMW Z4 sDrive20i クルージング エディション(FR/8AT)【短評】
新しい2リッター直4ターボエンジンは184psと27.5kgmを発生。JC08モード燃費は13.4km/リッターを達成している。
BMW Z4 sDrive20i クルージング エディション(FR/8AT)【短評】
テスト車にはM Sportパッケージが装着されていた。サスペンションが専用セッティングになるほか、ステアリングも「M」の専用品に。
BMW Z4 sDrive20i クルージング エディション(FR/8AT)【短評】

静かでスムーズな新4気筒

これまで「Z4」には2.5リッター6気筒 204psの「sDrive23i」というモデルと、3リッター6気筒 306psの「sDrive35i」、そして同じく3リッター340psの「35is」が存在した。ここに「sDrive20i」という新エンジン搭載車が加わった。

このエンジンは4気筒2リッターで、ツインパワーターボとダイレクトインジェクションなどを採用し、184ps/5000rpmと27.5kgm/1250-4500rpmを発生する。組み合わされるギアボックスは8段スポーツATで、右ハンドル仕様となる。この新しい4気筒はこれまでの6気筒に代わって、今後BMW2リッター級エンジンの主軸ともなるべき役目を担う。今回借用したのは「Cruising Edition(クルージング・エディション)」というオプション装着車で、車両重量は1520kg。カタログ上は23iが1500kg、35iが1600kgだから、6気筒から4気筒への換装による重量軽減はさほど期待できない。

走りだした最初の印象もスペック通りで、回り方は静粛にしてスムーズ、上まできれいに吹けあがり、一切のストレスを感じさせない。そして同時に、蹴飛ばされるような猛ダッシュも期待できない。8段ある変速機は終始律義に作動し、通常の交通における緩急の加減速には遅滞なく反応する。

8段階のギアレシオは、アメリカ的というよりドイツ的で、下はフツウのまま、上でクロスさせている。アウトバーンにおける200km/h前後のバトルでなら、追い越しなど、1台前に滑り込む時に効果を発揮するだろう。しかし日本の路上では、早期に上位のギアに送り込めるおかげで好燃費は期待できても、パンチある加速は望めない。このギア比はドイツ車全般に言える傾向でもある。日本ではイタリア的に下3段をクロスさせた方が面白いことは言うまでもない。エンジンパワーを補うことにもなるし、峠道ではエンジンをもっと回して楽しめる。

でもそれは、この車の趣旨ではないのだろう。他社のレベルも上がってきているので、エンジンなど動力性能を売りにするBMWにとっては、住みにくい世の中になってきたのも事実だ。

  • mixi
  • linkedin
  • rss
mobileCGご紹介

週間アクセスランキング (インプレッション)

注目の情報[PR]