【会場リポート】スバルのトリは千両役者「インプレッサWRX STI」

スバルブースのの目玉は、もちろん「インプレッサ」の高性能バージョンたる「WRX STI」。しかし、カンファレンスは意外な話題から始まったのだった。

■電気自動車といえばスバル!?

ステージにはベールをかぶったモデルが置かれ、スクリーンではカウントダウンの数字が打ち出されていく。ゼロになって「インプレッサWRX STI」が現れるかと思いきや、ほのぼのとしたファミリーの映像が映し出された。「移動するあなたの時間を豊かなものに」というテーマもずいぶんおとなしい。

そして、森郁夫社長のスピーチは、なんと“電気”の話から始まった。「快適・信頼の走りと地球環境の融合」というスローガンが示される。派手なラリーの話題から始めたりはしないのだ。

コンセプトモデルの説明は、まず「エクシーガ」から。スバル初の7人乗りとなるこのモデルは、商売の面ではこれから重要な柱となっていくべきものだ。「近い将来このコンセプトをベースにしたモデルを市販します」と明言した。

市販の約束は、もう一つあった。電気自動車の「G4e」である。「R1e」の2倍となる200kmの航続距離を実現したという。これがそのまま販売されるわけではないが、2010年をメドにEVを市販する、との発言だった。「電気自動車といえばスバル、といわれるようになりたい」というのだから、なかなかの意気込みである。

このほか、安全技術の「ADA(アクティブ・ドライビング・アシスト)」を来年「レガシィ」に搭載するとの発表もあった。

これだけじらした後で、ようやく最後に真打ちが登場した。ベールがはずされると、シルバーに輝くSTIが現れる。ヨーロッパ人ジャーナリストの興奮した声が後から聞こえた。発表する社長も、「純粋な走りの資質」と誇らしげに説明する。環境も大切だけれど、スバリストが待ちこがれたSTIはやっぱり千両役者だ。

1958年の「スバル360」発売以来、来年で50周年を迎えるそうだ。「走り」「水平対向エンジン」から、「環境」「電気」への転換点の年となるのかもしれない。

(別冊単行本編集室 鈴木)

「インプレッサWRX STI」
「インプレッサWRX STI」
プロジェクト・ゼネラル・マネージャーの森宏志氏。
プロジェクト・ゼネラル・マネージャーの森宏志氏。
森郁夫社長と「エクシーガ」
森郁夫社長と「エクシーガ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 第479回:雪道でも”安心と愉しさ”を!
    「インプレッサ」&「XV」でONE DAY雪上ドライブ
    2018.2.8 エディターから一言 新世代プラットフォーム「SGP(スバルグローバルプラットフォーム)」を採用した新型「インプレッサ」と「XV」による雪上試乗体験イベントが、冬の東北を舞台に開催された。雪に不慣れな筆者が雪道のドライブで感じた、最新スバル車の雪上性能についてリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • フォルクスワーゲンが「パサート」のディーゼルモデルを発売 2018.2.14 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2018年2月14日、「パサート」および「パサートヴァリアント」のモデルラインナップにディーゼルエンジンを搭載した「TDI」を追加設定し、販売を開始した。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • エンジンに新技術、マツダが「CX-5」を一部改良 2018.2.8 自動車ニュース マツダがミドルサイズSUV「CX-5」に一部改良を実施。ディーゼル車、ガソリン車ともにエンジンの改良によって走りと実燃費を改善したほか、360°ビューモニターを採用したり、パワーリフトゲートの設定を拡大したりと、装備の拡充も図っている。
ホームへ戻る