「インプレッサWRX STI」
スバルのトリは千両役者「インプレッサWRX STI」【会場リポート】

【会場リポート】スバルのトリは千両役者「インプレッサWRX STI」

スバルブースのの目玉は、もちろん「インプレッサ」の高性能バージョンたる「WRX STI」。しかし、カンファレンスは意外な話題から始まったのだった。

プロジェクト・ゼネラル・マネージャーの森宏志氏。
スバルのトリは千両役者「インプレッサWRX STI」【会場リポート】
森郁夫社長と「エクシーガ」
スバルのトリは千両役者「インプレッサWRX STI」【会場リポート】

■電気自動車といえばスバル!?

ステージにはベールをかぶったモデルが置かれ、スクリーンではカウントダウンの数字が打ち出されていく。ゼロになって「インプレッサWRX STI」が現れるかと思いきや、ほのぼのとしたファミリーの映像が映し出された。「移動するあなたの時間を豊かなものに」というテーマもずいぶんおとなしい。

そして、森郁夫社長のスピーチは、なんと“電気”の話から始まった。「快適・信頼の走りと地球環境の融合」というスローガンが示される。派手なラリーの話題から始めたりはしないのだ。

コンセプトモデルの説明は、まず「エクシーガ」から。スバル初の7人乗りとなるこのモデルは、商売の面ではこれから重要な柱となっていくべきものだ。「近い将来このコンセプトをベースにしたモデルを市販します」と明言した。

市販の約束は、もう一つあった。電気自動車の「G4e」である。「R1e」の2倍となる200kmの航続距離を実現したという。これがそのまま販売されるわけではないが、2010年をメドにEVを市販する、との発言だった。「電気自動車といえばスバル、といわれるようになりたい」というのだから、なかなかの意気込みである。

このほか、安全技術の「ADA(アクティブ・ドライビング・アシスト)」を来年「レガシィ」に搭載するとの発表もあった。

これだけじらした後で、ようやく最後に真打ちが登場した。ベールがはずされると、シルバーに輝くSTIが現れる。ヨーロッパ人ジャーナリストの興奮した声が後から聞こえた。発表する社長も、「純粋な走りの資質」と誇らしげに説明する。環境も大切だけれど、スバリストが待ちこがれたSTIはやっぱり千両役者だ。

1958年の「スバル360」発売以来、来年で50周年を迎えるそうだ。「走り」「水平対向エンジン」から、「環境」「電気」への転換点の年となるのかもしれない。

(別冊単行本編集室 鈴木)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L(4WD/5MT)/インプレッサG4 2.0i-S(4WD/CVT)【試乗記】 2012.1.23 試乗記 スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L(4WD/5MT)/インプレッサG4 2.0i-S(4WD/CVT)
    ……184万8000円/266万7000円

    初代のデビューから20年の時を経て「スバル・インプレッサ」が4代目に進化。最新型の仕上がりを、巨匠 徳大寺有恒はどう評価する?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
ホームへ戻る