100周年のダイハツは、スモールカー作りを通じてグローバル企業を目指す【会場リポート】

【会場リポート】100周年のダイハツは、スモールカー作りを通じてグローバル企業を目指す

2007年で創立100周年を迎えたダイハツ工業は、グループスローガンとして「Innovation for Tomorrow」を掲げ、次の100年に向けてのプランを発表した。

 
100周年のダイハツは、スモールカー作りを通じてグローバル企業を目指す【会場リポート】

■地球環境に優しいスモールカーをアピール

1980年台以降、軽自動車を中心としたスモールカーの専門メーカーとして日本のモータリゼーションに貢献したダイハツ。
昨今の地球環境を考え、次の100年では、環境負荷の少ないスモールカー作りを通じて、世界のモータリゼーションに貢献できるグローバル企業をめざすようだ。

今回の出展内容は、楽しさ、環境への優しさ、(車内の)広さという3つのテーマに沿ったクルマとなった。世界へ向けた提案の第一歩といえよう。

「OFC-1」
100周年のダイハツは、スモールカー作りを通じてグローバル企業を目指す【会場リポート】
新型「タント」
100周年のダイハツは、スモールカー作りを通じてグローバル企業を目指す【会場リポート】

■楽しさ、環境への優しさ、広さを提案

楽しさ代表として登場したクルマは2台。「コペン」の後継と目される「OFC-1」はスポーティな走りと操縦する楽しさを具現し、「マッドマスターC」では小ささと軽さが生み出す高い走破性に加えて、耐久性と積載性で、新しい可能性を追求したという。
リッター33kmの低燃費を誇る「HSC」は、環境への優しさを徹底的に追求しながらも、4人が乗れる実用性も兼ね備える。

そして「広さ」をアピールするのは、2代目となる新型「タント」。2007年12月に発売が予定される、プラットフォーム、エンジン、トランスミッションを一新したニューモデルである。
さらに広くなった車内空間に加え、スライドドアとセンターピラーレスを組み合わせてスムーズな乗り降りを実現した。

ダイハツ工業の箕浦社長は、「地球環境を考えると、扱いやすく低燃費、省資源のスモールカーで、世界に貢献できるチャンスは無限にある」と声高に唱える。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る