【スペック】C300アバンギャルドS:全長×全幅×全高=4630×1770×1430mm/ホイールベース=2760mm/車重=1590kg/駆動方式=FR/3リッターV6DOHC24バルブ(231ps/6000rpm、30.6kgm/2500-5000rpm)価格=664万円(テスト車=688万2000円/ガラススライディングルーフ=16万8000円/メタリックペイント=7万4000円)

メルセデス・ベンツC300アバンギャルドS(FR/7AT)【試乗記】

イメージとメルセデス 2007.10.24 試乗記 メルセデス・ベンツC300アバンギャルドS(FR/7AT)
……688万2000円
ドイツのサーキットでメルセデスの不人気さを目の当たりにしたリポーターは、サーキットでの試乗会に不安を覚えたのだが……。Cクラスでその走りを試す。
C300アバンギャルドSは、本革シートが標準装備となる。
メルセデス・ベンツC300アバンギャルドS(FR/5AT)【短評】

サーキットは似合わない?

先日、とある用事があってニュルブルクリンクのサーキットへでかけてきた。
1周およそ21km。その苛酷さにおいて他に例をみない、サーキットというより「アイフェルの丘陵地帯の起伏をそのまま利用して生まれた“頑丈なガードレール完備のワインディング・ロード”」とでも表現した方がよさそうな、ツトに有名なこのコース。レースやらメーカーのテストやらで占有使用が行われていない限り、誰もが気軽に“観光道路”として走行が可能なこともまたよく知られている。

そうはいっても、一周19ユーロなりという料金を支払ってここを走ろうというからには、やはり訪れるドライバーはいかにも気合いの入った“走り屋”が多い。と同時に、そんなパブリック走行時間帯にコースインしようというクルマたちをしばらく眺めていると、フとあることに気がつく。そこには――AMG仕様を含め――メルセデスの姿がほとんど見られないのだ。

走り屋の聖地ニュルを訪れるクルマのなかで、圧倒的な人気を見せるのは常にBMW車。それに続くのがポルシェの各車。アウトバーン上であれほどたくさん走っているメルセデスやアウディは、ここではトンと人気がないのである。

いささか前置きが長くなったが、そんなニュル不人気ブランド(?)の代表格でもあるメルセデスがリリースした「Cクラス」の国内プレス試乗会は、何の因果かサーキットで行われた。世界で多くの人が待望していたメルセデス・ベンツの新しい作品。それは、サーキットには不釣り合いな存在なのであろうか?

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • メルセデス・ベンツC220dアバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2015.11.27 試乗記 「メルセデス・ベンツCクラス」のディーゼルエンジン搭載車「C220dアバンギャルド」に試乗。ディーゼル車のメリットといえば経済性や実用性……かと思いきや、それは軽快な走りも見せてくれる、趣味性の高いモデルだった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.11.4 試乗記 「ベビーSクラス」こと新型「Cクラス」は、偏差値が高いだけの優等生か? いやいや、ドライバーズカーとしての芸術点も高いと筆者は主張する。ともすると「Sクラス」すら脅かしかねない完成度を誇るエアサス付きの「C200アバンギャルド」で、初秋の箱根を目指した。
ホームへ戻る