「CTS」
「キャデラックCTS」に新型エンジン搭載【出展車紹介】

【出展車紹介】「キャデラックCTS」に新型エンジン搭載

キャデラックは、新エンジン搭載の「CTS」を出展する。

「キャデラックCTS」に新型エンジン搭載【出展車紹介】

■6年ぶりのフルモデルチェンジ

東京モーターショー開幕直前の10月22日に発表された新型「CTS」。その新エンジンを搭載したニューモデルが出展される。

2代目となる新型「CTS」は、大きくなったグリル、ふくらみを増したホイールアーチなどに象徴されるように、力強さを得て生まれ変わった。
新たに採用されたのは、先代と同排気量ながらも、直噴化された3.6リッターV6エンジン。最高出力331ps/6400rpmと最大トルク38.1kgm/5200rpmを発生する。足まわりにもチューニングが施された。ブレーキは強力なものに変更され、LSDを装着する。
組み合わされるのは、6段のマニュアルモード付きオートマチックトランスミッションとなる。

なお、新型の発売は2008年1月から。

(文=knzy)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CTSセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る