【出展車紹介】ポルシェ/911史上最もパワフルなモデル「911GT2」が登場

ポルシェ・ジャパンは「911GT2」のほか3モデルを日本初公開する。

■すべてがジャパンプレミア

「911GT2」は、これまでに生産された911史上で最強のロードゴーイングモデルを謳っている。3.6リッター水平対向6気筒エンジンは、可変タービンジオメトリー(VTG)方式のツインターボチャージャーを備えて、530ps(390kW)の最大出力を発生し、最高速度は329km/hに達する。

「911ターボカブリオレ」は、480ps(353kW)のパワーを発揮し、オープンボディにもかかわらず車重増は最小限にとどめられ、1690kgと軽量だ。

「カイエンGTS」は、新たにラインナップ加わったスポーティなモデルで、シャシーがスポーティにセットされたほか、エンジンはカイエンSより20psパワーアップして405ps(298kW)を発生する。

「ケイマンSポルシェデザイン・エディション1」は、世界で777台、日本では15台で販売される限定モデルで、外観上はブラックのボディにレーシングストライプが入り、19インチの911ターボホイールを履く。インテリアはブラックレザーとアルカンターラのコンビネーションだ。

このほか、911によるワンメイクレースである「ポルシェ・カレラカップ」に出場する911GT3カップも展示される。 

(別冊単行本編集室 伊東)

「911GT2」
「911GT2」

ポルシェ/911史上最もパワフルなモデル「911GT2」が登場【出展車紹介】の画像
「911ターボカブリオレ」
「911ターボカブリオレ」
「カイエンGTS」
「カイエンGTS」
「ケイマンS ポルシェデザイン・エディション1」
「ケイマンS ポルシェデザイン・エディション1」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ケイマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2017.10.23 試乗記 ポルシェが誇る、伝統の高性能スポーツモデル「911」。数あるラインナップの中でも、最もスペック的に穏やかな「カレラ」にはどのような魅力があるのか。7段MT仕様の試乗を通し、「ベーシック」の一言では語れないそのキャラクターに触れた。
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2016.1.22 試乗記 自然吸気の3.4リッターユニットを搭載する従来型の「ポルシェ911カレラ」に試乗。「ターボ」でも「GT3 RS」でもないごく普通のカレラの、しかもMT仕様を選ぶ意義とは? MT派の筆者はこの「素のカレラ」こそがベスト911と考えている。
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
  • ポルシェ718ボクスターGTS(MR/6MT)/718ケイマンGTS(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.9 試乗記 4気筒ターボエンジンを搭載するポルシェのスポーツカー「718ボクスター/718ケイマン」に、新たな高性能モデル「GTS」が登場。スペックだけでは伝わらない走りの質を、スペイン南部の都市・マラガから報告する。
  • ポルシェ911カレラS(RR/7AT)【試乗記】 2016.4.6 試乗記 3.8リッター自然吸気から3リッターツインターボへとパワーユニットを変更した「911カレラS」に試乗。最新型はどんなクルマに仕上がったのか? さまざまなシチュエーションで感じたドライブフィールに加え、燃費性能についてもリポートする。
ホームへ戻る