【出展車紹介】ランボルギーニ/「ムルシエラゴLP640」と「ガヤルド・スーパーレジェーラ

ランボルギーニブースで注目されるのは、今年デビューした「ムルシエラゴLP640」と「ガヤルド・スーパーレジェーラ」の2台だ。

■ランボルギーニ最強モデル

「ムルシエラゴLP640」は、2007年2月にジュネーヴショーで発表されたランボルギーニの最強モデル。エンジンやサスペンション、ギアボックス、エレクトロニクスなどを広範囲に見直したことで、640psを発生する。
また、カウンタックに使われていたランボルギーニ伝統の「LP:Longitudinale Posteriore(後方縦置き)」の呼称が復活したことが話題だ。

ガヤルドに加わったスーパーレジェーラは、イタリア語で“超軽量”を意味するその名が示すとおり、軽量化を図ったモデルだ。
ボディパネルにカーボンファイバーを多用したほか、ガラスの一部をポリカーボネイトに置き換えたことで、ノーマルのガヤルドの車重(乾燥重量1430kg)をさらに100kgも削ぎ落している。
同時に5リッターV10エンジンのパワーを10ps向上させ、530ps/8000rpmの最高出力を発生、馬力あたり重量を2.5kg/psとしている。

(別冊単行本編集室 伊東)

「ムルシエラゴLP640」
「ムルシエラゴLP640」

ランボルギーニ/「ムルシエラゴLP640」と「ガヤルド・スーパーレジェーラ【出展車紹介】の画像
「ガヤルド・スーパーレジェーラ」
「ガヤルド・スーパーレジェーラ」
ランボルギーニ/「ムルシエラゴLP640」と「ガヤルド・スーパーレジェーラ【出展車紹介】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ランボルギーニ・ガヤルドLP560-2 50° アニヴェルサリオ(MR/6AT)【試乗記】 2013.9.9 試乗記 デビューから11年目に入り、モデルライフの最終章にある「ガヤルド」。しかし、その走りの切れ味は今なお新鮮だ。ランボルギーニの創業50周年を祝うスペシャルモデルで、ワインディングロードに挑んだ。
  • ランボルギーニ・ガヤルドLP570-4 スーパーレジェーラ(4WD/6AT)【試乗記】 2011.11.7 試乗記 ランボルギーニ・ガヤルドLP570-4 スーパーレジェーラ(4WD/6AT)
    ……3377万4825円

    超軽量を意味する「スーパーレジェーラ」。ベース車の「LP570-4」と比較して70kg軽量化された「ガヤルド」は、一体どれだけ凶暴化したのか。猛牛で箱根を目指す!
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.10.10 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン」シリーズの頂点に君臨する「ウラカン ペルフォルマンテ」。640psまで強化されたV10エンジンをはじめ、エアロダイナミクスや軽量化など、同社が誇る先進技術が投入された“完全無欠のウラカン”の走りをサーキットで試した。
  • ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4(4WD/6AT)【試乗記】 2010.7.8 試乗記
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.9.7 試乗記