新型「キャデラックCTS」発表、トレッド拡大でさらにスポーティに

2007.10.23 自動車ニュース

トレッド拡大でさらにスポーティに、新型「キャデラックCTS」発表

新型「キャデラックCTS」発表、トレッド拡大でさらにスポーティに

ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパンは、キャデラックブランドのスポーティミディアムセダン「CTS」をフルモデルチェンジ。2007年10月22日に発表した。発売は2008年1月からの予定。


新型「キャデラックCTS」発表、トレッド拡大でさらにスポーティにの画像
新型「キャデラックCTS」発表、トレッド拡大でさらにスポーティにの画像

■パネル接合にこだわり

“アート&サイエンス”をデザインの旗印とした新世代キャデラックの第一弾が、2001年夏にリリースしたFRセダン「CTS」。およそ6年ぶりのフルモデルチェンジとなる2代目は、より大胆なデザインをまとって登場した。

ディメンションは全長×全幅×全高=4870(+20)×1850(+55)×1470(+10)mm(カッコ内は先代比)となり、若干のサイズアップを果たした。ホイールベースは2880mmと変更なし。

バンパー下にまで面積を広められたフロントグリルが与えられた新型は、ワイドトレッドを強調する張り出した前後フェンダーやフロントフェンダー上のサイドエアベントなどがスポーティさを強調する。
このボディはパネルの接合にもこだわりがあり、一種の接着工法を用いることでスポット溶接よりも高剛性で軽量なものであるという。

インテリアはレザーで覆われたダッシュパネルをはじめ、多くをハンドクラフトによるものとした。木目とアルミパネルも効果的に用いられ、高級感とスポーティさを融合させたと謳われる。


新型「キャデラックCTS」発表、トレッド拡大でさらにスポーティにの画像

新型「キャデラックCTS」発表、トレッド拡大でさらにスポーティにの画像

■76psパワーアップで燃費は従来同等

プラットフォームは基本的に先代のものを踏襲するが、新エンジンの搭載やトランスミッションの多段化などが行われた。

エンジンには先代と同排気量ながらも、直噴化された3.6リッターV6エンジンを新たに採用。最高出力331ps/6400rpmと最大トルク38.1kgm/5200rpmは、従来型より76psと3.4kgmの上乗せとなる。出力の向上を得ながらも、従来同等の燃費性能とよりクリーンな環境性能を得たところはアピールポイント。
なお、従来モデルでも採用された2.8リッターV6(214ps、25.1kgm)は継続してラインナップする。どちらのエンジンも組み合わせられるのは、6段のマニュアルモード付きオートマチックトランスミッションとなる。

サスペンション形式は、前ダブルウィッシュボーン/後マルチリンクと変わらず。トレッドの拡大(前+50mm、後+55mm)をはじめ、サスペンションジオメトリーの見直し、Vシリーズからのコンポーネント流用などで、ファインチューンが施される。
3.6リッターモデルには、さらにスポーティな味付けのパフォーマンスサスペンションが備わり、ブレーキも強力なものに変更、LSDまで装着される。


トレッド拡大でさらにスポーティに、新型「キャデラックCTS」発表

■ポップアップ式のカーナビを搭載

エンジンの違いによる2グレード展開のCTSは、走りの装備以外はほぼ共通。

安全装備として運転席・助手席エアバッグはもちろん、サイド/カーテンシールドエアバッグや、コーナリング時に進行方向を照らすアダプティブ・フォワード・ライティング・システムも標準採用。
iPodなどへの接続端子を持つHDDオーディオは、BOSEの10スピーカー5.1chサラウンドサウンドシステムと組み合わせられる。ポップアップで出現するカーナビは、操作性の良さもアピールされ、タッチパネルのほか音声入力も可能だ。

価格は2.8リッターが495.0万円、3.6リッターは620.0万円。ハンドル位置は左のみになる。

(webCG 本諏訪)

関連キーワード:
CTSセダンキャデラックCTS自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
  • レクサスLS500“エグゼクティブ”(4WD/10AT)/LS500“Fスポーツ”(FR/10AT)【試乗記】 2018.2.9 試乗記 新開発の3.5リッターV6エンジンを搭載した「LS500」を一般道で初試乗。11年ぶりに生まれ変わったレクサスのフラッグシップの出来栄えは? ハイブリッドモデルとの比較とともにリポートする。
  • マクラーレン720Sラグジュアリー(MR/7AT)【試乗記】 2018.1.23 試乗記 最新のカーボンファイバーシャシーや最高出力720psのターボエンジンが与えられた、マクラーレンの中核モデル「720S」に試乗。歴代のマクラーレンを含む、さまざまなスーパースポーツに接してきた清水草一が、その実力を報告する。
ホームへ戻る