「コルベットコンバーチブル」
シボレー、2008年モデルの「コルベット・コンバーチブル」【出展車紹介】

【出展車紹介】シボレー、2008年モデルの「コルベット・コンバーチブル」

シボレーは、新エンジン搭載の「コルベット・コンバーチブル」を出展する。

 

■6リッターから6.2リッターへ

アメリカンスポーツカーの代表する2シータースポーツカー「コルベット・コンバーチブル」。出展される2008年モデルはエンジンを変更。V8エンジンを6リッターから6.2リッターにスケールアップした。
基本スタイルは変わらないが、ホイールデザインなど一部に手が加えられたという。会場で実車のスタイリングをチェックしたい。

(文=knzy)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • シボレー・コルベットZ06コンバーチブル(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.26 試乗記 シボレーのイメージリーダーを担う高性能スポーツモデル「コルベット」の、さらなるハイパフォーマンスバージョンが「Z06」である。今回は8段ATのコンバーチブルに試乗。サーキットが鍛えたその実力と、同車が持ち合わせる意外な一面をリポートする。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/ミラ イースL“SA III”【試乗記】 2017.6.12 試乗記 低価格・低燃費という、軽自動車の本質を徹底的に追求した「ダイハツ・ミラ イース」がフルモデルチェンジ。従来モデルやライバル車との比較をまじえつつ、「+αの魅力を追求した」という新型の実力を検証した。
  • トミーカイラZZ(MR)【試乗記】 2017.6.9 試乗記 京都のベンチャー企業、GLMが初めて手がけた量産電気自動車(EV)「トミーカイラZZ」。自動車メーカーとしての第一歩となる99台の限定モデルは、電動パワープラントならではの刺激と、走る楽しさにあふれたピュアスポーツカーだった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.6.5 試乗記 マイナーチェンジを受けて、デジタルインターフェイスと先進運転支援システムの両面で進化を遂げた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。その完成度はCセグメントの基準を揺るがすか? ワゴンモデル「ゴルフヴァリアント」に試乗した。
ホームへ戻る