「ダイハツ・タント」
「ダイハツ・タント/タントカスタム」キープコンセプトながら確実に進化【出展車紹介】

【出展車紹介】「ダイハツ・タント/タントカスタム」キープコンセプトながら確実に進化

2003年の東京モーターショーで参考出品され、後に市販。今やムーブ、ミラとならぶダイハツの主力モデルに成長したタント。そのニューモデルが参考出品される。


「ダイハツ・タント/タントカスタム」キープコンセプトながら確実に進化【出展車紹介】

「ダイハツ・タント/タントカスタム」キープコンセプトながら確実に進化【出展車紹介】
「ダイハツ・タントカスタム」
「ダイハツ・タント/タントカスタム」キープコンセプトながら確実に進化【出展車紹介】

■これぞ究極のスペース効率

軽自動車の限られたサイズの中で究極のスペース効率を追求し、超トール軽(?)とでもいうべき新しいジャンルを開拓した「タント」が、2代目となるニューモデルとなり市販予定車としてダイハツブースに並べられる。初代のコンセプトを受け継ぎ、究極のスペース効率を実現したと謳われる。

現行モデルでも充分以上の広さを感じさせる室内空間が新型ではさらに拡大され、軽自動車最大(ダイハツ調べ)を誇る。さらに軽自動車初のセンターピラーレス(左側のみ)とスライドドアを組み合わせることで実現した、ワイドな開口部も特徴。乗り降りや大きな荷物の積み降ろしなど、利便性が増した。

ボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1750mm、ホイールベースは2490mm。現行モデルよりも25mm背が高く、ホイールベースが50mm長い。これらが室内空間の拡大に大きく寄与し、室内長は+150mmの2150mm、室内高は+25mmの1355mmを確保した。ちなみにこの室内長はレクサスLS460と同じ、室内高は170mm上回るサイズである。実に広い。軽なのに。

タントのエクステリアデザインは基本的に初代のイメージを残したもの。一方インテリアは一新され、軽自動車で初めてフローリングフロアが設定された。
タントカスタムは、現行モデル同様、親しみやすいデザインのタントとキャラクターがハッキリ分けられた。開発コンセプトは「ゴージャス&グレート クルーザー」。ゴージャスかどうかはさておき、新オトコ・タントというべきスタイルだ。4灯のヘッドランプが特徴的。

今回のモーターショーでは、スズキから、まさにタント対抗車種といえる「パレット」が出品される。正式デビューを前にした両車を、会場で見比べてみるのも一興だろう。

(ks)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。