「グラントゥーリズモ」
マセラティ新型クーペ「グランドゥーリズモ」など3モデル4台を展示【出展車紹介】

【出展車紹介】マセラティ新型クーペ「グラントゥーリズモ」など3モデル4台を展示

マセラティは、ジャパンプレミアとなる新型4シータークーぺ「グラントゥーリズモ」を含め3モデル4台のマセラティを展示する。

「クアトロポルテ・オートマチック」
マセラティ新型クーペ「グランドゥーリズモ」など3モデル4台を展示【出展車紹介】
「クアトロポルテ・スポーツGT」
マセラティ新型クーペ「グランドゥーリズモ」など3モデル4台を展示【出展車紹介】

■フラッグシップクーペ「グラントゥーリズモ」

最も注目すべきは、日本初登場となる、今年3月のジュネーブ・ショーでの初公開された新しいクーペモデル「グラントゥーリズモ」だ。
現行の「マセラティ・クーペ」およびそのハイパワーバージョン「グランスポーツ」の後継と思われるモデルだ。
フロントに収まる4.2リッターV8エンジンの出力は405psと伝えられ、グランスポーツを4ps上回る。前後の重量配分は49:51だ。

ギアボックスは、2ペダルMTの「カンビオコルサ」ではなく、コンベンショナルなトルコン式AT。運転の状況に応じて変速モードを調節する「アダプティブコントロールシステム」を備えるという。

このほかマセラティ社のフラッグシップとして人気を博しているクアトロポルテのニューモデルも2台展示される。
新開発の“6段オートマチックトランスミッション”を導入した「クアトロポルテ・オートマチック」と、スポーティなモデルとして登場した「クアトロポルテ・スポーツGT」だ。

(別冊単行本編集室 伊東)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

クアトロポルテの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マセラティ・ギブリ ディーゼル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.4 試乗記 「マセラティ・ギブリ」の最新モデルとして、この春、ラインナップに加わった「ギブリ ディーゼル」に試乗した。3リッターV6ディーゼルユニットは、モデナの名門にふさわしいマナーと走りを披露するのだろうか。
  • マセラティ、F1での活躍をしのぶ限定モデル「ギブリ スカテナート」を発売 2017.6.6 自動車ニュース マセラティ ジャパンが「ギブリ」の特別仕様車「スカテナート」の受注をスタート。1957年のファンジオによるF1タイトル獲得を記念した限定モデルであり、赤いアクセントカラーが目を引くカラードタイヤなどで内外装がドレスアップされている。
  • 「レクサスCT」がマイナーチェンジ 内外装をリファイン 2017.6.15 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年6月15日、マイナーチェンジしたコンパクトハッチバック「レクサスCT」のデザインを世界初公開した。日本での発売は、2017年秋頃となる予定。
  • BMWが新型車「6シリーズ グランツーリスモ」の概要を発表 2017.6.14 自動車ニュース 独BMWが新型車「6シリーズ グランツーリスモ」の概要を発表した。既存の「5シリーズ グランツーリスモ」の後継を担う大型の5ドアハッチバックモデルであり、2017年9月に開催されるフランクフルトショーにおいて世界初公開される。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
ホームへ戻る