【出展車紹介】マセラティ新型クーペ「グラントゥーリズモ」など3モデル4台を展示

マセラティは、ジャパンプレミアとなる新型4シータークーぺ「グラントゥーリズモ」を含め3モデル4台のマセラティを展示する。

■フラッグシップクーペ「グラントゥーリズモ」

最も注目すべきは、日本初登場となる、今年3月のジュネーブ・ショーでの初公開された新しいクーペモデル「グラントゥーリズモ」だ。
現行の「マセラティ・クーペ」およびそのハイパワーバージョン「グランスポーツ」の後継と思われるモデルだ。
フロントに収まる4.2リッターV8エンジンの出力は405psと伝えられ、グランスポーツを4ps上回る。前後の重量配分は49:51だ。

ギアボックスは、2ペダルMTの「カンビオコルサ」ではなく、コンベンショナルなトルコン式AT。運転の状況に応じて変速モードを調節する「アダプティブコントロールシステム」を備えるという。

このほかマセラティ社のフラッグシップとして人気を博しているクアトロポルテのニューモデルも2台展示される。
新開発の“6段オートマチックトランスミッション”を導入した「クアトロポルテ・オートマチック」と、スポーティなモデルとして登場した「クアトロポルテ・スポーツGT」だ。

(別冊単行本編集室 伊東)

「グラントゥーリズモ」
「グラントゥーリズモ」
「クアトロポルテ・オートマチック」
「クアトロポルテ・オートマチック」
「クアトロポルテ・スポーツGT」
「クアトロポルテ・スポーツGT」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

クアトロポルテの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マセラティ2018年モデル メディア発表会の会場から 2017.11.7 画像・写真 マセラティ ジャパンは2017年11月7日、東京・六本木のグランドハイアット東京で、マセラティ各車の2018年モデルをお披露目した。イベントの様子や会場に並んだ車両の姿を写真でリポートする。
  • 黒が決め手の特別な「マセラティ・クアトロポルテ」が登場 2017.12.7 自動車ニュース マセラティ ジャパンは2017年12月6日、「クアトロポルテGTS」をベースとする限定車「クアトロポルテGTS ネリッシモ カーボン エディション」を発表し、同日、受注を開始した。
  • マセラティのモデルラインナップが2018年型へと進化 2017.11.8 自動車ニュース マセラティ ジャパンは2017年11月7日、東京・六本木のグランドハイアット東京において、マセラティの2018年モデルのフルラインナップを披露した。2018年モデルでは、先進運転支援システムの強化などが行われている。
  • フォルクスワーゲン・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.12.20 試乗記 フォルクスワーゲンが最新モデル24台を集めたオールラインナップ試乗会を開催。新たなフラッグシップの「アルテオン」と、「ゴルフ」のホットバージョン2台を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
ホームへ戻る