【スペック】全長×全幅×全高=4285×1765×1450mm/ホイールベース=2575mm/車重=1460kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付(160ps/5000-6200rpm、25.5kgm/1500-4200rpm)/価格=348万円(テスト車=412万5000円)

アウディ A3スポーツバック 1.8TFSI(FF/2ペダル6MT)【ブリーフテスト】

アウディ A3スポーツバック 1.8TFSI(FF/2ペダル6MT) 2007.10.23 試乗記 ……412万5000円
総合評価……★★★★
アウディのショートワゴンスタイル「A3スポーツバック」に新しく「1.8TFSI」が追加された。1.8リッター直噴ターボの走りを試す。

アウディ A3スポーツバック 1.8TFSI(FF/2ペダル6MT)【ブリーフテスト】

ミニA4アバント

デビュー当時は3ドアハッチバックのみだった2代目「アウディA3」に、ハッチバック以上、ステーションワゴン未満の5ドアモデルとして追加されたのが「A3スポーツバック」である。ホイールベースは3ドアハッチバックと同じだが、リアオーバーハングを少し伸ばして“アバント”風に仕立て上げたのが一番の特徴。遠目には「A4アバント」にも見えるその姿、2008年モデルからはオプションでルーフレールがオーダーできるようになり、“ミニA4アバント”として人気が高まるのではないかと、勝手に予想している私である。

そんなA3スポーツバックのなかで、主力モデルとなるのが、この「1.8TSFI」だ。搭載されるのは、新開発の1.8リッターの直噴ガソリンターボエンジン(TFSI)で、これは自然吸気の2リッター直噴ガソリンエンジン(FSI)に替わるもの。従兄弟にあたる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」が同じ2リッターFSIを1.4リッターの直噴ツインチャージャーエンジンに置き換えるのと同じ流れで、排気量を抑えて低燃費を図りながら、過給器によって排気量以上のパワーを生み出そうというのが狙いなのはいうまでもない。

実際、排気量はこれまでよりも200ccダウンしたものの、力強さは2リッターをうわ回る印象で、Sトロニックとの相乗効果で燃費の向上も期待できる。1.4リッターのツインチャージャーほど違和感なく乗れるのもうれしい点で、価格と性能のバランスを考えると、A3スポーツバックのなかで一番のオススメモデルといえる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A3スポーツバックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS1(4WD/6MT)【試乗記】 2015.1.12 試乗記 コンパクトハッチバック「A1」をベースとする、アウディの小さな高性能車「S1」が登場。1980年代に活躍したラリーマシンの名を冠する、ニューモデルの走りは……? 燃費も含め、試乗の結果を報告する。
  • アウディS1スポーツバック(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.18 試乗記 「S3」譲りの“ダブルインジェクション”エンジンに、クワトロ4WDシステム、そして4リンク・リアサスペンションと、小さなボディーにアウディのホットなテクノロジーが詰まった「S1/S1スポーツバック」。6段MTを駆使して、路面に231psをたたきつけると……? S1スポーツバックで箱根のワインディングロードに繰り出した。
  • アウディA1 1.0 TFSI(FF/7AT)【試乗記】 2015.7.20 試乗記 その出来栄えはクラス最良? アウディのBセグメントコンパクトモデル「A1」に、マイナーチェンジとともに1リッター直3ターボエンジンを搭載したエントリーグレード「1.0 TFSI」が登場。アウディ初の3気筒エンジンの実力を試した。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
ホームへ戻る