「エスケープ」
フォード/「ニュー エスケープ コンセプト」を中心に限定「マスタング」、市販車のエクスプローラー2台を展示【…

【出展車紹介】フォード/ワールドプレミアのコンセプトカー「ニュー エスケープ コンセプト」

フォードは、ワールドプレミアの「フォード・ニュー エスケープ コンセプト」をメインにSUVを重点的に展開する。

「マスタングGTクーペ」
フォード/「ニュー エスケープ コンセプト」を中心に限定「マスタング」、市販車のエクスプローラー2台を展示【…
「エクスプローラー スポーツトラック」
フォード/「ニュー エスケープ コンセプト」を中心に限定「マスタング」、市販車のエクスプローラー2台を展示【…

■世界初公開のコンセプトモデルのほか限定「マスタング」も

都会的なSUVとしての魅力を増し、オンロードでの存在感を高めることを目指した「エスケープ」のコンセプトモデルが世界初公開される。
「ニュー エスケープ コンセプト」は、ファイヤーレッドのボディカラーと、シルバーの大きなヘッドランプがアクセントとなる個性的な外観をもつ。幅広なグリルと横に流れるヘッドランプがボディのワイドさを強調し、足下も重厚に8×7インチアルミホイールと235/55R18タイヤを装着するという。

また、ジャパンプレミアとなるのが「マスタング GT カリフォルニア・スペシャル」。パワフルな4.6リッターV8エンジンが搭載されたマスタングに、明るく降り注ぐ太陽の光と、カリフォルニアのイメージが融合されたリアルアメリカンモデルだ。
エンジンフードとボディサイドのエアスクープを持つエクステリア、専用のツートンカラーのレザーシートのインテリアともに個性的なスタイリングを披露する。一方で、シートのクッション材に大豆原料を採用して環境にも配慮は忘れていない。日本では限定車として、来年夏ごろ発売される予定である。

市販車では機能的な装備に加え、荷台によってユーザーのアドベンチャー心をくすぐる限定車「フォード・エクスプローラー スポーツトラック V8 リミテッド」と、エディーバウアーとのコラボレーションで、本革インテリアなど装備を充実させた「エクスプローラー エディーバウアー プレミアム・アピアランス」を出品する。

(別冊単行本編集室 崎山)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エスケープの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【レビュー】 2016.3.18 試乗記 フォードの3列7人乗りSUV「エクスプローラー」に新グレード「タイタニアム」が登場。3.5リッターV6ツインターボエンジンがかなえるパワフルな走りやいかに? 日本での販売は“在庫限り”という、最上級モデルの魅力を報告する。
  • 第1回:フォード・クーガ(渡辺敏史) 2016.6.1 特集 間もなく日本での正規販売が終了となるフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今あらためてこのクルマの実力を検証。2リッターモデルを借り出し、“うるさがた”のユーザーをも魅了するというその走りの出来栄えを確かめた。
  • 第2回:フォード・クーガ(高山正寛) 2016.6.1 特集 グローバル市場ではもちろん、日本市場でも重要視されるSUVのマーケット。そこに投入されたフォードのミドルサイズSUVが「クーガ」である。日本市場における現行モデルの変遷を振り返るとともに、輸入SUVとしての“お買い得度”を検証した。
  • 第3回:フォード・クーガ(森 慶太) 2016.6.1 特集 フォードならではの美点が端々に感じられるミドルサイズSUV「クーガ」。正規販売の終了が間近に迫った今、あらためて2リッターターボエンジンを搭載した上級グレード「タイタニアム」に試乗し、その実力を徹底的に確かめた。
ホームへ戻る