「ホンダS2000」にメーカー純正「走り屋仕様」見参!

2007.10.22 自動車ニュース

「ホンダS2000」にメーカー純正「走り屋仕様」見参!

本田技研工業は、オープンスポーツカー「S2000」をマイナーチェンジするとともに、新グレード「タイプS」を追加設定。2007年10月25日に発売する。

今回のマイチェンで「S2000」は、コーナリング中の挙動を安定させる「VSA」(ビークル・スタビリティ・アシスト)とサテライトスピーカーが標準装備となり、アルミホイールのデザインが新しくなった。

目玉は、新たにスポーティな「TYPE S」(タイプS)が追加されたこと。

大型のフロントスポイラーと、「GTウィング」のごとき大型リアスポイラーを装備。各ホイールの前方にストレーキ(整流板)を備え、タイヤの空気抵抗を軽減する。インテリアには「黒/黄のツートーンシート」「アルミ製シフトノブ」など、専用のパーツが採用された。
前後の足まわりには専用のセッティングを施し、ロール剛性と応答性を向上させたという。

なお、ボディサイズとエンジン性能はベースモデルの「S2000」と同じ。車重のみ10kg増し(1260kg)となる。

価格は、「S2000」が386万4000円で、「S2000タイプS」が12万6000円アップの399万円となっている。

(webCG 関)

「ホンダS2000 タイプS」
「ホンダS2000 タイプS」

「ホンダS2000」にメーカー純正「走り屋仕様」見参!の画像
リアには大型のウィングがそそり立つ。
リアには大型のウィングがそそり立つ。
専用シートは、ブラックとイエローのツートーンカラー。
専用シートは、ブラックとイエローのツートーンカラー。

関連キーワード:
S2000ホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダS2000 タイプS(FR/6MT)【試乗記】 2008.1.8 試乗記 ホンダS2000 タイプS(FR/6MT)
    ……432万6000円

    ホンダの2シーターオープンスポーツ「S2000」に新グレードの「タイプS」が追加された。GTウイングを装着した新たなスポーティモデルに試乗した。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.12.13 試乗記 320psのパワーと400Nmのトルクを誇る新型「ホンダ・シビック タイプR」。その速さはもはや“FFのスーパーカー”と呼ぶべきものだ。ニュルブルクリンクの北コースを7分43秒80で駆け抜けたその次は、一体どこに向かおうとしているのだろうか?
  • ホンダS2000 タイプV(FR/6MT)【試乗記】 2006.1.7 試乗記 ホンダS2000 タイプV(FR/6MT)
    ……409万5000円

    ホンダのツーシーターオープンスポーツ「S2000」に、大がかりなマイナーチェンジが施された。エンジンの排気量拡大で、速さも乗りやすさもアップしたのは確かである。では、クルマとしての魅力はどうなのか。


  • ホンダ新型車試乗会(「フィット」&「タイプR」&「S2000」)【試乗記】 2007.12.11 試乗記 ホンダ・フィット(FF/5MT)/シビック・タイプR(FF/6MT)/S2000 タイプS(FR/6MT)

    「R」や「S」のバッジが輝く、スポーティモデル。走りの良さはちょっと横において、街なかでの“普段使い”はどうなのか? 『webCG』の近藤と関が、ホンダの新車試乗会で試してみた。
  • ホンダ S2000 vs NSX【試乗記】 2008.10.3 試乗記 ホンダS2000 タイプS(FR/6MT)/NSX-R(MR/6MT)
    ……432万6000円/1255万4850円

    スポーツの秋、ドライブの秋。なのにお寒いニッポンのスポーツカー市場。“走りのクルマ”に未来はないのか!? ホンダの2台を駆って、その魅力を探った。 
ホームへ戻る