「ホンダS2000」にメーカー純正「走り屋仕様」見参!

2007.10.22 自動車ニュース

「ホンダS2000」にメーカー純正「走り屋仕様」見参!

本田技研工業は、オープンスポーツカー「S2000」をマイナーチェンジするとともに、新グレード「タイプS」を追加設定。2007年10月25日に発売する。

今回のマイチェンで「S2000」は、コーナリング中の挙動を安定させる「VSA」(ビークル・スタビリティ・アシスト)とサテライトスピーカーが標準装備となり、アルミホイールのデザインが新しくなった。

目玉は、新たにスポーティな「TYPE S」(タイプS)が追加されたこと。

大型のフロントスポイラーと、「GTウィング」のごとき大型リアスポイラーを装備。各ホイールの前方にストレーキ(整流板)を備え、タイヤの空気抵抗を軽減する。インテリアには「黒/黄のツートーンシート」「アルミ製シフトノブ」など、専用のパーツが採用された。
前後の足まわりには専用のセッティングを施し、ロール剛性と応答性を向上させたという。

なお、ボディサイズとエンジン性能はベースモデルの「S2000」と同じ。車重のみ10kg増し(1260kg)となる。

価格は、「S2000」が386万4000円で、「S2000タイプS」が12万6000円アップの399万円となっている。

(webCG 関)

「ホンダS2000 タイプS」
「ホンダS2000 タイプS」

「ホンダS2000」にメーカー純正「走り屋仕様」見参!の画像
リアには大型のウィングがそそり立つ。
リアには大型のウィングがそそり立つ。
専用シートは、ブラックとイエローのツートーンカラー。
専用シートは、ブラックとイエローのツートーンカラー。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ホンダS2000(FR/6MT)【試乗記】 2005.8.8 試乗記 ホンダS2000(FR/6MT)
    ……401万1000円

    「S2000」は、リッター125psの高性能エンジンを積むスポーツカーである。メインストリームとはとても言えないが、「ホンダ」にとっては原点とも言えるモデルの魅力を探った。


  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • ホンダS2000タイプV(6MT)【試乗記】 2000.8.30 試乗記 ホンダ・S2000 タイプV(6MT)
    ……376.0万円-追補-

    「CAR GRAPHIC」誌で、ホンダS2000の長期リポートを担当する大谷秀雄CG編集部員が、タイプVに搭載されたステアリング可変ギアレシオを評価する。VGSは、魔法のデバイスなのか?


  • ホンダ S2000 vs NSX【試乗記】 2008.10.3 試乗記 ホンダS2000 タイプS(FR/6MT)/NSX-R(MR/6MT)
    ……432万6000円/1255万4850円

    スポーツの秋、ドライブの秋。なのにお寒いニッポンのスポーツカー市場。“走りのクルマ”に未来はないのか!? ホンダの2台を駆って、その魅力を探った。 
  • フォルクスワーゲン・ティグアンTSIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.9 試乗記 フォルクスワーゲンの新型「ティグアン」に試乗。同社の生産モジュール「MQB」をSUVシリーズとして初めて採用したティグアンは、どのモデルよりも「ゴルフ」を思わせる、折り目正しいクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る