「レクサスGS」、マイナーチェンジで「460」を新設

2007.10.22 自動車ニュース

「レクサスGS」、マイナーチェンジで「460」を新設

トヨタ自動車は、レクサスのミドル級セダン「GS」をマイナーチェンジし、2007年10月18日に発売した。

ひとクラス上の「レクサスLS460」に搭載されている4.6リッターV8エンジン(1UR-FSE)と8段オートマチックトランスミッション(8Super ECT)を搭載。既存の「GS430」にかえて「GS460」とした。

装備面では、ハイブリッドモデル「GS450h」に標準の旋回能力を安定させる「アクティブスタビライザーサスペンションシステム」の制御を一新し、GS460にもオプション設定した。
ナビゲーションの道路情報と路面段差学習情報からショックアブソーバーの減衰力を最適に制御する「NAVI AI-AVS」(アダプティブ・バリアブル・サスペンションシステム)と、車両運動性能を理想的にする「VDIM」(ヴィークル・ダイナミクス・インテグレート・マネージメント)をベーシックグレード「GS350」にも標準とした。

外観も、フロントグリル、前後バンパー、アルミホイール(GS460、GS350)のデザインを変更し、サイドミラーがターンランプつきに。「GS450h」では、エンブレム、ロゴ、ヘッドランプ、リアランプなどに、ハイブリッドモデルのイメージカラーである青をあしらった。

インテリアは、セミアニリン本革シート&トリムを採用した仕様を新設定。金属調のシートオーナメント、ダブルステッチ縫製のシートなど、ディテールにもこだわったという。

価格は、以下のとおり。

GS350:538.0〜619.0万円
GS460:661.0〜761.0万円
GS450h:683.0〜783.0万円

(webCG 関)

「レクサスGS460」
「レクサスGS460」

関連キーワード:
GSレクサス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • レクサスLS500h“バージョンL”(4WD/CVT)【試乗記】 2018.3.21 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで、従来モデルとは一線を画すキャラクターを手に入れた「レクサスLS」。すっかりドライバーズセダンとなった新型の走りは、往年のLSを知るクルマ好きの目にはどのように映るのか?
  • レクサスLS500h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】 2018.3.6 試乗記 エモーショナルな走りをテーマに掲げ、新たなプラットフォームを基に開発された新型「レクサスLS」。ハイブリッドのスポーティーモデルに乗ってみると、トヨタがこのクルマに込めた並々ならぬ意欲が伝わってきた。
  • レクサスLS500“エグゼクティブ”(4WD/10AT)/LS500“Fスポーツ”(FR/10AT)【試乗記】 2018.2.9 試乗記 新開発の3.5リッターV6エンジンを搭載した「LS500」を一般道で初試乗。11年ぶりに生まれ変わったレクサスのフラッグシップの出来栄えは? ハイブリッドモデルとの比較とともにリポートする。
  • アウディA6 55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)/A6 50 TDIクワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.18 試乗記 フルモデルチェンジを受けて5代目となった「アウディA6」にポルトガルで試乗。新パワーユニットと作りこんだ骨格を得たアウディの基幹モデルは、滑らかで上質な走りと圧倒的な静粛性を手に入れていた。“上級移行”の真相に迫る。
ホームへ戻る