「シトロエンC4」に、WRCカラーの限定車

2007.10.22 自動車ニュース

「シトロエンC4」に、WRCカラーの限定車

シトロエン・ジャポンは、ハッチバックモデル「C4」の特別仕様車「C4 by LOEB(C4 バイ・ローブ)」を2007年10月18日に発売した。32台限定。

「C4 バイ・ローブ」は、同社のワークスドライバー、セバスチャン・ローブの世界ラリー選手権(WRC)3連覇を記念した特別仕様車だ。

3ドアハッチバックの「C4 2.0 VTS」をベースに、専用のステッカー、ホワイトの17インチアルミホイールなどで外装をドレスアップ。ラリーマシンをイメージした専用色「ルージュ・アーデン(赤)」に塗られる。
インテリアも、シートの座面と背もたれがは赤い生地になり、ステアリングホイールやシートのサイドサポートに赤ステッチが施されるなど、赤基調でまとめられた。

右ハンドルの5MTのみ用意され、価格は、ベースモデルより10.0万円アップの337.0万円。日本市場には、32台のみ割り当てられ、それぞれシリアルナンバーが入れられる。

(webCG 関)

「C4 by LOEB(C4 バイ・ローブ)」
「C4 by LOEB(C4 バイ・ローブ)」

「シトロエンC4」に、WRCカラーの限定車の画像

「シトロエンC4」に、WRCカラーの限定車の画像
WRC第14戦「ラリージャパン」のために来日したセバスチャン・ローブと。
WRC第14戦「ラリージャパン」のために来日したセバスチャン・ローブと。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

C4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC4フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.20 試乗記 PSAグループの最新ディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「シトロエンC4」に試乗。フランスではディーゼルが乗用車用パワーユニットの主役だ。遅れてやってきた“本命”は、日本の交通環境下でいかなる走りを見せるのだろうか。
  • 第31回 モテはギャップからと申します 2017.2.28 エッセイ 清水草一の話題の連載。第31回は「モテはギャップからと申します」。カーマニアがディーゼル車を選ぶ際に必要な要素とは一体何か? 現実的、かつ理想的な選択肢を探すなかで、筆者がたどり着いた境地とは?
  • シトロエンC4セダクション アップグレードパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.29 試乗記 シトロエンがCセグメント車「C4」のパワートレインを一新し、1.2リッター直3ターボとトルコン式6段ATを採用した。上級モデル「セダクション アップグレードパッケージ」の試乗を通して感じた、簡単には言い表せないフランス車ならではの魅力を報告する。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • 第30回 実は激動のディーゼルワールド 2017.2.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第30回は「実は激動のディーゼルワールド」。カーマニアとして、欧州ディーゼルのめざましい進化に注目する筆者が、太鼓判を押すモデルとは? 日本で買える300万円未満のモデルをピックアップ。
ホームへ戻る