「シトロエンC4」に、WRCカラーの限定車

2007.10.22 自動車ニュース

「シトロエンC4」に、WRCカラーの限定車

シトロエン・ジャポンは、ハッチバックモデル「C4」の特別仕様車「C4 by LOEB(C4 バイ・ローブ)」を2007年10月18日に発売した。32台限定。

「C4 バイ・ローブ」は、同社のワークスドライバー、セバスチャン・ローブの世界ラリー選手権(WRC)3連覇を記念した特別仕様車だ。

3ドアハッチバックの「C4 2.0 VTS」をベースに、専用のステッカー、ホワイトの17インチアルミホイールなどで外装をドレスアップ。ラリーマシンをイメージした専用色「ルージュ・アーデン(赤)」に塗られる。
インテリアも、シートの座面と背もたれがは赤い生地になり、ステアリングホイールやシートのサイドサポートに赤ステッチが施されるなど、赤基調でまとめられた。

右ハンドルの5MTのみ用意され、価格は、ベースモデルより10.0万円アップの337.0万円。日本市場には、32台のみ割り当てられ、それぞれシリアルナンバーが入れられる。

(webCG 関)

「C4 by LOEB(C4 バイ・ローブ)」
「C4 by LOEB(C4 バイ・ローブ)」

「シトロエンC4」に、WRCカラーの限定車の画像

「シトロエンC4」に、WRCカラーの限定車の画像
WRC第14戦「ラリージャパン」のために来日したセバスチャン・ローブと。
WRC第14戦「ラリージャパン」のために来日したセバスチャン・ローブと。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

C4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC4フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.20 試乗記 PSAグループの最新ディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「シトロエンC4」に試乗。フランスではディーゼルが乗用車用パワーユニットの主役だ。遅れてやってきた“本命”は、日本の交通環境下でいかなる走りを見せるのだろうか。
  • 第26回 ディーゼルに快音はあるのか!? 2017.1.24 エッセイ 清水草一の話題の連載。第26回は「ディーゼルに快音はあるのか!?」。特有のカラカラ音を抑えることに各社力を入れているが、ステキなサウンドを奏でるディーゼルモデルもあるはず。筆者がシビれた快音ディーゼルとは?
  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
ホームへ戻る