「XF SV8」
【出品車紹介】ジャガー/ジャパンプレミアの新モデル「XF」のほかマイナーチェンジを受けた「XJ」「ダイムラー…

【出展車紹介】ジャガー/ジャパンプレミアの新モデル「XF」ほか最新モデルが登場

ジャガーはジャパンプレミアの新モデル「XF SV8」のほか、マイナーチェンジを受けた「XJ」などの最新モデルを出品する。

■新型「XF SV8」にブランドの復活をかける

今回ジャパンプレミアとなる「XF SV8」は、ミディアムサイズのスポーツサルーンで、Sタイプの後継モデルにあたる。先のデトロイトでコンセプトカー「C-XF」が展示、フランクフルトでは市販モデルとなるXFが初公開され、いよいよ日本に上陸となる。
スポーティな躍動感を前面に出したアグレッシブな外観と、ラクシャリーサルーンとしての洗練との融合を目指したモデルである。

最上級グレードのSV8は4.2リッター V8スーパーチャージドエンジンを搭載し、420bhpという高出力を発揮する。ジャガーではお馴染みのシフト、「Jゲート」に代わり、新設計のダイヤル式シフトセレクターとシーケンシャル・パドルシフトを採用したことも目新しい。

市販車では、限定車として投入予定の「XKR ポートフォリオ クーペ」「X-TYPE 2.0 ソブリン」ほか、マイナーチェンジした「XJ 4.2 ソブリン」「XKR コンバーチブル」の計5台を出品予定。

(別冊単行本編集室 崎山)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XFの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • ジャガーXE 2.0プレステージ(FR/8AT)/XE 2.5ポートフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2015.9.18 試乗記 200psか240psか? 「ジャガーXE」に関心を持つ人にとって悩ましいのは、2リッター直4ターボエンジンのどちらの仕様がよりジャガーらしいのか、ということではないだろうか。「2.0プレステージ」と「2.5ポートフォリオ」に比較試乗した。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
ホームへ戻る