「XF SV8」
【出品車紹介】ジャガー/ジャパンプレミアの新モデル「XF」のほかマイナーチェンジを受けた「XJ」「ダイムラー…

【出展車紹介】ジャガー/ジャパンプレミアの新モデル「XF」ほか最新モデルが登場

ジャガーはジャパンプレミアの新モデル「XF SV8」のほか、マイナーチェンジを受けた「XJ」などの最新モデルを出品する。

■新型「XF SV8」にブランドの復活をかける

今回ジャパンプレミアとなる「XF SV8」は、ミディアムサイズのスポーツサルーンで、Sタイプの後継モデルにあたる。先のデトロイトでコンセプトカー「C-XF」が展示、フランクフルトでは市販モデルとなるXFが初公開され、いよいよ日本に上陸となる。
スポーティな躍動感を前面に出したアグレッシブな外観と、ラクシャリーサルーンとしての洗練との融合を目指したモデルである。

最上級グレードのSV8は4.2リッター V8スーパーチャージドエンジンを搭載し、420bhpという高出力を発揮する。ジャガーではお馴染みのシフト、「Jゲート」に代わり、新設計のダイヤル式シフトセレクターとシーケンシャル・パドルシフトを採用したことも目新しい。

市販車では、限定車として投入予定の「XKR ポートフォリオ クーペ」「X-TYPE 2.0 ソブリン」ほか、マイナーチェンジした「XJ 4.2 ソブリン」「XKR コンバーチブル」の計5台を出品予定。

(別冊単行本編集室 崎山)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XFの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る