「三菱アウトランダー」にV6エンジン、一部改良も

2007.10.22 自動車ニュース

「三菱アウトランダー」にV6エンジン、一部改良も

三菱自動車工業は、オンロードSUV「アウトランダー」にV6エンジン搭載モデルを追加するなど一部改良、2007年10月17日に発売した。

■V6、直4、ともにグレード追加

追加されたのは、「30G」と「30MS」の2グレード。どちらも、新型の3リッターV6 MIVEC アルミブロックエンジンと、新開発のパドルシフト付きスポーツモード6速ATを組み合わせて搭載する。

新型のV6エンジンは、従来モデルの2.4リッター直4エンジンと較べて、最高出力+50ps、最大トルク+5.1kgmとなる、220ps、28.1kgmを発揮。アウトランダーが売りにする「胸のすく走り」を継承する一方で、平成17年基準排出ガス75%低減レベル(☆☆☆☆)を達成するなど、動力性能と環境性能を両立させたという。

また、2.4リッター直4エンジン搭載モデルも、従来からある2グレードの中間の価格設定とした「24MS」を追加、3グレード展開とした。

■内外装が改良、新色の追加も

今回の変更で、エクステリアは、全グレードにサイドターンランプ内蔵ドアミラーが標準装備となったほか、ボディカラーに、「ユーログリーンメタリック」(新色)と「レッドメタリック」の2色が追加、全8色から選択できるようになった。

また、V6エンジン搭載グレードは、新デザインとなる、18インチアルミホイールや、メッキ仕様のフロントグリル&大型サイドシルガーニッシュを備えるほか、30Gのみドアアウターハンドルがメッキ仕様となる。

インテリアは、全グレードでドアトリムが新デザインのものに。最上級グレード30Gは加えて、合成皮革とメッシュファブリックを組み合わせた新しいシート生地を採用するほか、クルーズコントロールも標準で備わる。ほかにも、30Gと24Gは、インパネの空気吹き出し口周りが黒木目調仕上げに、シフトパネルがシルバー調に変更され、視認性の高いハイコントラストメーターを装備する。

(webCG 依田)

「アウトランダー 30G」
「アウトランダー 30G」
「30G」「30MS」に搭載される、新型3リッターV6 MIVEC アルミブロックエンジン
「30G」「30MS」に搭載される、新型3リッターV6 MIVEC アルミブロックエンジン
追加されたボディカラー「レッドメタリック」
追加されたボディカラー「レッドメタリック」
「アウトランダー 30G」のインパネ
「アウトランダー 30G」のインパネ

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アウトランダーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱アウトランダー24G Navi-Package(4WD/CVT)【試乗記】 2015.7.30 試乗記 大規模な改良を受けた「三菱アウトランダー」。その2.4リッターガソリンエンジン搭載車に試乗した。フロントデザインが一新された新型は、同時に静粛性や乗り心地なども洗練され、SUVとして“円熟の境地”に達していた。
  • 三菱アウトランダーPHEVという選択 2016.12.8 特集 デビュー以来着実に改良を重ねてきた、充電可能な三菱のSUV「アウトランダーPHEV」に試乗。国内外でプラグインハイブリッドモデルに注目が集まりつつあるいま、あらためてその実力を確かめた。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道・剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
  • 三菱自動車、「アウトランダーPHEV」を一部改良 2017.2.9 自動車ニュース 三菱自動車は2017年2月9日、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」に一部改良を実施し、販売を開始した。併せて新たな最上級グレードとなる「Sエディション」を追加設定し、同日販売を開始した。
  • 三菱自動車、「RVR」のフロントマスクを一新 2017.2.9 自動車ニュース 三菱自動車は2017年2月9日、コンパクトSUV「RVR」に一部改良を実施し、同年2月16日に発売すると発表した。今回の改良ではフロントマスクを一新し、乗員とクルマを守る機能を力強く表現したフロントデザインコンセプトの「ダイナミックシールド」を採用した。
ホームへ戻る