「フィアット500」のワゴンが登場【ジュネーブショー2012】

2012.02.20 自動車ニュース

【ジュネーブショー2012】「フィアット500」のワゴンモデルが登場

伊フィアットは、2012年3月6日のプレスデイで開幕するジュネーブモーターショーで、「500」シリーズの新型5ドアワゴン「500L」を発表する。

「フィアット500」シリーズに新しい仲間が加わる。「500L」は、Bセグメントと呼ばれる全長4メートル級の小型車クラスで、ベンチマークとなる快適性と最大級の居住性を目指した5ドアワゴンだ。「ミニバン並みの室内空間、小型SUVの存在感、そしてBセグメント車としてのコンパクトさを併せ持つモデル」とうたわれる。

スタイリングは、フィアットの社内デザイン部門である「チェントロ・スティーレ・フィアット」が手がけた。ボディーサイズは全長×全幅×全高=414×178×166cm。乗員スペースだけでなく荷室容量も400リッターと広く、5個のスーツケースあるいはフルサイズのストローラー(ベビーカー)が収納可能という。シートアレンジの多彩さも自慢で、8種類のモードを作り出すことができる。また、このクラス最大のグラスルーフが用意されるのも見どころのひとつ。さらに、このクラスでは異例ともいえる30種類以上ものボディーカラーが用意される予定だ。生産は、セルビアのクラグイェヴァツ工場で行われる。

エンジンラインナップは、0.9リッター直列2気筒のツインエア、1.4リッター直4ガソリン、および1.3リッター直4マルチジェットディーゼルの3種類。顧客へのデリバリーは2012年の第4四半期が予定されている。

(webCG 竹下)

「フィアット500L」
「フィアット500L」

「フィアット500」のワゴンが登場【ジュネーブショー2012】の画像

「フィアット500」のワゴンが登場【ジュネーブショー2012】の画像

「フィアット500」のワゴンが登場【ジュネーブショー2012】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フィアット500ツインエア ラウンジ(FF/5AT)【レビュー】 2016.4.1 試乗記 2007年のデビュー以来、初のビッグマイナーチェンジが加えられたフィアットのコンパクトカー「500」。イタリアを代表する自動車界の“愛されキャラ”は、大幅改良によって何がどう変わったのか? その変化の内容をリポートする。
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • 「フィアット500」に青い海をイメージした限定車登場 2017.3.15 自動車ニュース FCAジャパンは2017年3月15日、「フィアット500」に特別仕様車「MareBlu(マーレブル)」を設定し、同年3月25日に100台の台数限定で発売すると発表した。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その20) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。アルファ・ロメオのブースを画像で紹介する。
ホームへ戻る