「三菱パジェロ」が新グレード追加と一部改良

2007.10.22 自動車ニュース
新たに追加された「パジェロ GR」(ロングボディ)
「三菱パジェロ」が新グレード追加と一部改良

「三菱パジェロ」が新グレード追加と一部改良

三菱自動車工業は、「パジェロ」に新グレードを設定するとともに、従来グレードを一部改良、2007年10月17日に発売した。


「三菱パジェロ」が新グレード追加と一部改良

■ふたつの新装備

今回の改良で、「高精度レインライトセンサー」と、ショートボディ専用のオーディオシステム「ミツビシパワーサウンドシステム」の、2つの装備が新たに加わった。

高精度レインライトセンサーは、雨滴感応オートワイパー機能とオートライト機能を統合。フロントウィンドシールドのガラス表面の雨滴を検出し、雨量に合わせて間欠作動を行うとともに、従来の照度センサーを改良することで、より的確なタイミングでのヘッドランプの自動点灯・消灯を可能にしたという。
「SUPER EXCEED」(ロング/ショート)、「EXCEED-X」に標準装備。

ミツビシパワーサウンドシステムは、中高音域のリアルな再生を謳う8つの高性能スピーカーと、DSP(デジタル・シグナル・プロセッサ)を搭載したハイパワーアンプを組み合わせたもの。
「SUPER EXCEED」(ショート)に標準装備、「VR-II」「VR-I」にメーカーオプションとして設定される。


「パジェロ EXCEED」(ロングボディ)
「パジェロ EXCEED」(ロングボディ)
「パジェロ EXCEED」(ロングボディ)のインパネ
「パジェロ EXCEED」(ロングボディ)のインパネ

■ロングボディに新グレード「GR」

ロングボディには、従来あった「ZR-S」をベースに、上級グレードと同様の外観とした「GR」が追加された。フロントグリルがブラックからメッキになるほか、ドアミラー、ドアアウターハンドル、ホイールリップモールをボディ同色とし、サイドステップも装備される。価格は、285万6000円(5MT)/296万1000円(4AT)。

また、「SUPER EXCEED」「EXCEED-X」「EXCEED」「ZR」を一部改良。スーパーエクシードとエクシードXには、高精度レインライトセンサーを採用したほか、エクシードXとエクシードのフロントスキッドプレートとリヤバンパーアンダーカバーをブラックからシルバーに変更。これに加えてエクシードは、スペアタイヤガーニッシュがボディ同色となり、フロントフォグランプが標準装備となった。ベーシックグレードのZRは、従来設定の「ZR ベーシックパッケージ」に準じた装備内容に改良された。

「パジェロ VR-I」(ショート)
「パジェロ VR-I」(ショート)
「パジェロ SUPER EXCEED」(ショート)のインテリア
「パジェロ SUPER EXCEED」(ショート)のインテリア

■上級と廉価グレードが加わったショートボディ

ショートボディは、最上級グレード「SUPER EXCEED」と最もベーシックなグレード「VR」を新たに設定。加えて、「VR-I」を一部改良した。

スーパーエクシードは、従来の「VR-II」がベース。前述の新装備を2つとも標準で備える贅沢なグレードだ。ドアアウターハンドル、ドアミラーなどをメッキとしたほか、スペアタイヤガーニッシュ、ホイールリップモールをボディ同色化。足元は18インチ10スポークアルミホイールで飾られる。インテリアはブラックを基調に、木目調パネルを組み合わせ、本革シートを採用した。価格は392万7000円。

パジェロシリーズ中、最も廉価な価格設定がされる「VR」は、従来の「VR-I ベーシックパッケージ」に準じた装備を持つ。改良を受けた「VR-I」は、ボディ同色のドアアウターハンドル、ドアミラー、ホイールリップモール、サイドステップを装備する。

(webCG 依田)

関連記事
  • 三菱パジェロスポーツ 2015.8.3 画像・写真 三菱自動車は2015年8月1日、ミドルサイズSUV「パジェロスポーツ」(日本未導入)をフルモデルチェンジしてタイで公開した。エンジンは新たに2.4リッターディーゼルターボを採用。燃費を先代比で約17%改善させた。その姿を写真で紹介する。
  • 三菱がタイで新型パジェロスポーツを公開 2015.8.2 自動車ニュース 三菱自動車は2015年8月1日、ミドルサイズSUV「パジェロスポーツ」(日本未導入)を7年ぶりにフルモデルチェンジしてタイで公開した。今秋タイで販売を開始し、その後オーストラリア、アセアン、中東、ロシアなどに順次拡大してく予定。
  • 三菱パジェロ ロング スーパーエクシード (4WD/5AT)【試乗記】 2010.11.1 試乗記 三菱パジェロ ロング スーパーエクシード (4WD/5AT)
    ……476万7000円

    「ポスト新長期規制」に適合するクリーンディーゼルエンジンを手に入れた「三菱パジェロ」。名実ともにパワーアップした旗艦モデルをオンロードで試した。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • 新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注がスタート
    2017.5.8 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年5月8日、新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注を開始した。第5世代にあたる新型ディスカバリーは、2016年9月のパリモーターショーで世界初公開されていた。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(後編)】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • ジャガー、新型「XFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開 2017.5.18 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーは2017年5月17日、新型「ジャガーXFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開した。イギリスでは6月14日に正式発表される予定だ。
ホームへ戻る