「マツダ大気」マツダの次期FRクーペを示唆する【出展車紹介】

【出展車紹介】「マツダ大気」マツダの次期FRクーペを示唆する

マツダは、次世代ロータリーエンジン搭載のFR2ドアクーペ「大気(たいき)」を、東京モーターショーでワールドプレミアとして出展する。


「マツダ大気」マツダの次期FRクーペを示唆する【出展車紹介】
リアのターンランプはボディパネルを通し、透かして浮かび上がる仕組み。
「マツダ大気」マツダの次期FRクーペを示唆する【出展車紹介】
ディテールも空気の流れを意識したモノで、タイヤのトレッドパターンにまでそれは見て取れる。
「マツダ大気」マツダの次期FRクーペを示唆する【出展車紹介】

■ロータリー+2ペダルMTを採用

「大気」は、“静止しているときもクルマの動きを感じさせる”というテーマに沿って作られた、いわゆる「Nagare」シリーズに属するクルマで、今回で4作品目になる。今作のコンセプトは「空気の流れ」の表現。

跳ね上げ式の2枚ドアを持つクーペボディは、「美しくたなびく羽衣」をイメージしたというエクステリア。グラスキャノピーや、ボディとの間にトンネルを持つタイヤを覆ったリアフェンダーなどが特徴的だ。波打つようなリアエンドには帯状のLEDテールライトが配される。
そもそも空気の流れを意識しているだけに空力特性も良く、Cd値は0.25、CL値は0(ゼロリフト)を実現した。

インテリアは風になびく「こいのぼり」にインスピレーションを受け、エアチューブの中にいるような空間の演出がされた。黒と白に塗り分けられた内装は、ドライバーには緊張感を、パッセンジャーにはリラックスを与えるという。

エンジンには、排気量を拡大した次世代RENESISエンジン(ロータリーエンジン16X)が採用された。
組み合わされるトランスミッションは「乾式ツインクラッチ7速パワーシフト」と記され、マツダの次期スポーティクーペへの2ペダルMT採用を予感させる。

なお、マツダブースには一連のシリーズモデルとなる「流(ながれ)」「流雅(りゅうが)」「葉風(はかぜ)」も同時に展示される。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。