【スペック】370GT Type SP:全長×全幅×全高=4655×1820×1390mm/ホイールベース=2850mm/車重=1660kg/駆動方式=FR/3.7リッターV6DOHC24バルブ(333ps/7000rpm、37.0kgm/5200rpm)/価格=441万円(テスト車=486万450円/カーウイングスナビゲーションシステム(HDD方式)+バックビューモニター+サイドブラインドモニター+ステアリングスイッチ=29万8200円/BOSEサウンドシステム=12万750円/ETCユニット=3万1500円)

日産スカイラインクーペ 370GT Type SP(FR/6MT)/370GT Type P(FR/5AT)【試乗記】

去勢される前に 2007.10.21 試乗記 日産スカイラインクーペ 370GT Type SP(FR/6MT)/370GT Type P(FR/5AT)
……486万450円/446万1450円

「FRの2ドアクーペ」「大排気量エンジン」「6段MT」……日本車では稀有の存在、新型「スカイラインクーペ」を笹目二朗が試した。

納得の333ps

スカイラインは2007年でブランド誕生50周年を迎えた。現在のモデルは12世代目にあたり、スカGは「スカイラインクーペ」と呼ばれることになった。しかし、「370GT」とネームプレートにはGTが添付される。
秋の東京モーターショーではいよいよ「GT-R」が登場するので、スカイラインGTは系統としてあちらに引き継がれる予定なのだろうか。

V8エンジンが載ってもおかしくないボディは、全長4655mm、全幅1820mm、全高1390mmと堂々たるもの。北米市場向けのボディスタイリングは、なかなか国際感覚に富み、クーペを強調する呼び名のごとく、ルーフ後半からトランクやリアフェンダーに至る造形は、それにふさわしい流麗さをもつ。
長いフードの下に納まるV6エンジンは3.7リッターに排気量がアップされ、333ps/7000rpmと37.0kgm/5200rpmにチューンされる。ようやく280ps規制が外され、表示は不自然でなくなった。
VQ型エンジンは北米でも高く評価されており、ワーズ社が選ぶ「10ベストエンジン賞」を13年連続で受賞している。

 
日産スカイラインクーペ 370GT Type SP(FR/6MT)/370GT Type P(FR/5AT)【試乗記】の画像
3.7リッターV6「VQ37VHR」エンジンは、新開発の「VVEL」(Variable Valve Event & Lift)により、吸気バルブの開閉タイミングとリフト量を制御する。アクセルレスポンスの向上、トルクの増大、燃費の改善などが謳われる。
3.7リッターV6「VQ37VHR」エンジンは、新開発の「VVEL」(Variable Valve Event & Lift)により、吸気バルブの開閉タイミングとリフト量を制御する。アクセルレスポンスの向上、トルクの増大、燃費の改善などが謳われる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スカイラインクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • 日産GT-Rプレミアムエディション(4WD/6AT)【試乗記】 2016.9.26 試乗記 進化し続ける「日産GT-R」。走行性能や快適性の改良だけでなく、内外装の変更も伴う、GT-R史上最大規模の改良を受けた2017年モデル(MY17)の実力やいかに? 装備が充実した「プレミアムエディション」に試乗した。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る