書店で買える、小さな「レクサスLFA」が登場

2012.02.21 自動車ニュース

書店で買える、小さな「レクサスLFA」が登場

徳間書店は2012年2月21日、模型メーカーの京商が手がけるスーパースポーツ「レクサスLFA」のミニチュアカーほか関連グッズをセットにした、「TOKUMA ミニカーセレクション レクサスLFA」を発売した。

「TOKUMA ミニカーセレクション レクサスLFA」は、「レクサスLFA」のミニチュアカーが目玉となるムック商品。

販売は全国の書店を通じて行われるが、一般的な雑誌・書籍の形をとらず、64分の1スケール(約7cm)の精巧なミニチュアカーや、縮刷版の実車パンフレット、イメージDVDなどが同梱(どうこん)される。ミニチュアのボディーカラーは「ホワイテストホワイト」1種類のみで、赤のインテリアカラーが組み合わされる。価格は、2980円。

3日後の2月24日には、エアロパーツを備えるスペシャルバージョン「レクサスLFA Nurburgring Package(ニュルブルクリンク・パッケージ)」のミニチュアカーも発売される。
おそろいの64分の1サイズながら、こちらは単品扱いで2400円。徳間書店の通販サイト「徳間ECモール」を通じて購入できる。

(webCG 関)

今回、書店で販売される「レクサスLFA」のミニチュア(写真手前)。オレンジ色の個体「LFAニュルブルクリンク・パッケージ」は、ネット通販で扱われる。
今回、書店で販売される「レクサスLFA」のミニチュア(写真手前)。オレンジ色の個体「LFAニュルブルクリンク・パッケージ」は、ネット通販で扱われる。
ムックにはDVDも含まれており、「LFA」の走りや、そのV10エンジンのサウンドに触れることができる。
ムックにはDVDも含まれており、「LFA」の走りや、そのV10エンジンのサウンドに触れることができる。
約7cmの「レクサスLFA」。エクステリアはもちろん、センターコンソールやシートのスイッチ類まで精密に再現される。
約7cmの「レクサスLFA」。エクステリアはもちろん、センターコンソールやシートのスイッチ類まで精密に再現される。
こちらは、走りにより磨きをかけた「LFAニュルブルクリンク・パッケージ」のミニチュア。サイズは同じ64分の1となる。
こちらは、走りにより磨きをかけた「LFAニュルブルクリンク・パッケージ」のミニチュア。サイズは同じ64分の1となる。
パッケージのサイズは、21×15×5cm。全国の書店で扱われる。
パッケージのサイズは、21×15×5cm。全国の書店で扱われる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

LFAの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスRC F(FR/8AT)【試乗記】 2015.2.10 試乗記 「笑顔になれるスポーツカー」をキーワードに開発したという、レクサスのハイパフォーマンスモデル「RC F」。乗ってみたら、どうだった? その実像を報告する。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • レクサスLC500 2017.3.16 画像・写真 トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドの新型ラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」の国内販売を開始した。このうち5リッターV8エンジンを搭載するLC500のディテールを、写真で紹介する。
  • レクサスLS500“Fスポーツ” 2017.4.12 画像・写真 レクサスのフラッグシップセダン「LS」。その次期型である「LS500」のスポーティーバージョン「LS500“Fスポーツ”」が公開された。ディテールを写真で紹介する。
ホームへ戻る