第13回:今度は本気!? アバルト・ブランド復活大作戦!「アバルトビデオ」も大興奮

2007.10.20 エッセイ

第13回:今度は本気!? アバルト・ブランド復活大作戦!「アバルトビデオ」も大興奮

アバルトディーラー32店舗一気にオープン!

フィアットによるアバルト・ブランド復活作戦が、本国イタリアでいよいよ本格的に始まった。
2007年9月19日、お膝元トリノのマルケ通りには、「オフィチーネ・アバルト」がオープンした。750平方メートルにわたる展示スペースやショップのほか、170平方メートルの工房を備えるフラッグシップ・ショールームである。ビジターは広いガラス越しに、工房内で行なわれているチューニングの様子を眺められる。なかなか憎いアイディアだ。

それに続いて先週末の10月13日、14日には、イタリア全国32店に新設されたアバルト・ディーラーが一斉に開店した。
呼び物は、新生アバルト第一弾である「グランデプント・アバルト1.4ターボ155HP」である。
ノーマル仕様の「グランデプント」とは別物のフロントバンパーをもち、サイドにはトラディショナルなABARTHストライプが走る。赤いミラーも目を惹く。
インテリアには専用のバケットシートが奢られ、レザートリムやカーボン風ダッシュボードパネルがスポーティムードの演出に一役買っている。

最高速度208km/h、0-100km/h加速8.2秒というこのモデルの、イタリアにおける販売価格は、1万7800ユーロ(約295万円)である。この国においては、「MINI One」とほぼ同じ価格だ。

「グランデプント・アバルト」
「グランデプント・アバルト」
オフィチーネ・アバルト(トリノ)のレセプション。
オフィチーネ・アバルト(トリノ)のレセプション。
ファッション・ラインもあり。
ファッション・ラインもあり。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

グランデプントの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

関連記事
  • アバルト695ビポスト フルスペック仕様(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.29 試乗記 0-100km/h加速5.9秒をうたう究極のアバルト、「695ビポスト」に試乗。ノンシンクロの“ドグミッション”を搭載したスーパーアバルトは、一体どんな走りを見せるのだろうか。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5MT)【試乗記】 2016.3.22 試乗記 アバルトのパフォーマンスモデル「595コンペティツィオーネ」がマイナーチェンジを受けた。160psから180psに強化されて一段とスポーティーになった同車を、一般道、高速道路、そしてワインディングロードで試乗した。
  • FCA合同試乗会(前編)【試乗記】 2016.4.16 試乗記 大磯ロングビーチに特設のジムカーナコースが出現! FCAがフィアット、アルファ・ロメオ、アバルトの最新モデルを一度に試すことができる特別試乗会を開催した。前編では、刺激的な走りが身上の、アバルト各モデルの魅力をリポートする。
  • アバルト695トリブートフェラーリ(FF/5AT)【試乗記】 2011.6.1 試乗記 アバルト695トリブートフェラーリ(FF/5AT)
    ……569万5000円(テスト車=同じ)

    「フィアット500」をベースにチューンした「アバルト500」の、そのまたハイチューン版コンプリートカーが、「アバルト695トリブートフェラーリ」だ。“アバルト”と“フェラーリ”、ふたつのブランドを冠するスーパーハッチの乗り味は?
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
ホームへ戻る