第13回:今度は本気!? アバルト・ブランド復活大作戦!「アバルトビデオ」も大興奮

2007.10.20 エッセイ

第13回:今度は本気!? アバルト・ブランド復活大作戦!「アバルトビデオ」も大興奮

アバルトディーラー32店舗一気にオープン!

フィアットによるアバルト・ブランド復活作戦が、本国イタリアでいよいよ本格的に始まった。
2007年9月19日、お膝元トリノのマルケ通りには、「オフィチーネ・アバルト」がオープンした。750平方メートルにわたる展示スペースやショップのほか、170平方メートルの工房を備えるフラッグシップ・ショールームである。ビジターは広いガラス越しに、工房内で行なわれているチューニングの様子を眺められる。なかなか憎いアイディアだ。

それに続いて先週末の10月13日、14日には、イタリア全国32店に新設されたアバルト・ディーラーが一斉に開店した。
呼び物は、新生アバルト第一弾である「グランデプント・アバルト1.4ターボ155HP」である。
ノーマル仕様の「グランデプント」とは別物のフロントバンパーをもち、サイドにはトラディショナルなABARTHストライプが走る。赤いミラーも目を惹く。
インテリアには専用のバケットシートが奢られ、レザートリムやカーボン風ダッシュボードパネルがスポーティムードの演出に一役買っている。

最高速度208km/h、0-100km/h加速8.2秒というこのモデルの、イタリアにおける販売価格は、1万7800ユーロ(約295万円)である。この国においては、「MINI One」とほぼ同じ価格だ。

「グランデプント・アバルト」
「グランデプント・アバルト」
オフィチーネ・アバルト(トリノ)のレセプション。
オフィチーネ・アバルト(トリノ)のレセプション。
ファッション・ラインもあり。
ファッション・ラインもあり。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

関連記事
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5MT)【試乗記】 2016.3.22 試乗記 アバルトのパフォーマンスモデル「595コンペティツィオーネ」がマイナーチェンジを受けた。160psから180psに強化されて一段とスポーティーになった同車を、一般道、高速道路、そしてワインディングロードで試乗した。
  • アバルト595 2017.2.20 画像・写真 FCAジャパンは2017年2月17日、マイナーチェンジを施した「アバルト595」シリーズを発表した。発売は2月25日。前後バンパーのデザインがよりアグレッシブになり、エアインテークには「ABARTH」の浮き文字があしらわれた。
  • 第1回:お手ごろ価格でも楽しさは満点
    輸入車チョイ乗りリポート~アンダー300万円編~
    2017.2.14 特集 インポートカーの魅力はお値段に比例しない!? 年に一度の輸入車の祭典「JAIA合同試乗会」が、今年も神奈川・大磯ロングビーチで開催された。まずは300万円以下のエントリーモデルのなかから、編集部員が注目した3台の魅力をリポートする。
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る