マイバッハ/最強モデル「マイバッハ62S」を展示【出展車紹介】

【出展車紹介】マイバッハ/最強モデル「マイバッハ62S」を展示

マイバッハはフラッグシップの「62S」を出展する。

■ 最上級の中でも最高級

ダイムラーの最上級車であるマイバッハの中でも、最も強力なパワーユニットを積み、内外装に専用の意匠を採用しているのが「62S」である。

6リッターのV12ツインターボエンジンは最高出力612ps、最大トルク102kgmを誇る。専用デザインのフロントグリルや左右2本出しのエグゾーストパイプなどで精悍なイメージを協調している。

価格は左ハンドル仕様で5848万5000円とノーマルモデルより700万円以上高価になっていて、文字通り最高級のモデルである。

(別冊単行本編集室 鈴木)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 超高級「マイバッハ」、3900.0万円から 2002.9.18 自動車ニュース ダイムラークライスラー日本は、超高級リムジン「マイバッハ」の日本でのオーダー受付を、2002年9月17日から開始した。価格は3900.0万円から4643.0万円まで。納車は2003年中頃を予定しているという。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
ホームへ戻る