【出展車紹介】マイバッハ/最強モデル「マイバッハ62S」を展示

マイバッハはフラッグシップの「62S」を出展する。

■ 最上級の中でも最高級

ダイムラーの最上級車であるマイバッハの中でも、最も強力なパワーユニットを積み、内外装に専用の意匠を採用しているのが「62S」である。

6リッターのV12ツインターボエンジンは最高出力612ps、最大トルク102kgmを誇る。専用デザインのフロントグリルや左右2本出しのエグゾーストパイプなどで精悍なイメージを協調している。

価格は左ハンドル仕様で5848万5000円とノーマルモデルより700万円以上高価になっていて、文字通り最高級のモデルである。

(別冊単行本編集室 鈴木)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • マイバッハ/最強モデル「マイバッハ62S」を展示【出展車紹介】 2007.10.19 輸入車 マイバッハはフラッグシップの「62S」を出展する。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • ポルシェ911カレラT(RR/7MT)【レビュー】 2018.5.22 試乗記 徹底した軽量化やパワートレインの変更などにより、強烈なドライビングプレジャーを追求したという「ポルシェ911カレラT」。母国ドイツの道でむちを当ててみると、一段と凝縮された“911のよさ”を味わうことができた。
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.11 試乗記 ランボルギーニ初の“スーパーSUV”「ウルス」に試乗。新しいタイプのファイティングブルには、ほかの高性能SUVとは違った持ち味があるのか。その走りをサーキットから一般道、オフロードまで、さまざまな道でチェックした。
  • 超高級「マイバッハ」、日本でも買えます 2002.5.10 自動車ニュース ダイムラークライスラー日本は、2002年秋にヨーロッパでの発売が予定されている超高級リムジン「マイバッハ」の、日本国内における販売、サービス体制を、2002年5月7日に発表した。導入時期、価格などは明らかにされていない。
ホームへ戻る