「MINIクーパー・クラブマン」
「MINIクーパー・クラブマン」日本初公開!【出展車紹介】

【出展車紹介】「MINIクーパー・クラブマン」日本初公開!

MINIブースでは、フランクフルトショーで発表した「クラブマン」のほか、「クーパーS JCW」などを出展する。

 
「MINIクーパー・クラブマン」日本初公開!【出展車紹介】
 
「MINIクーパー・クラブマン」日本初公開!【出展車紹介】
 
「MINIクーパー・クラブマン」日本初公開!【出展車紹介】

■「クラブマン」デビュー!

「MINI」の目玉は、日本初公開のクラブマンだ。ルーフラインを延長し、右側に観音開き式のドアを備えるシューディングブレークで、MINIの3番目のボディバリエーションとなる。

ノーマル「MINI」と較べ全長は約24cm、ホイールベースは約8cm延び全長×全幅×全高は3958×1683×1432mm(独カタログ値)。これにより後席足元のスペースが拡大。分割可倒式の後席バックレストを持ち、ラゲッジスペースも増えた。
心臓部はガソリンとディーゼルの計3種類をラインナップ。1.6リッターのツインスクロールターボチャージャーとそのNA、日本に導入されていないコモンレール式ターボディーゼルだ。

その他、ジョン・クーパー・ワークスのチューニングキットを用いたホットモデル「クーパーS JCW」などが並ぶ。

(別冊単行本編集室 鈴木)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIクラブマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーSD クラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.25 試乗記 ユニークな6枚ドアを持つ「MINIクラブマン」、そのクリーンディーゼル搭載モデルに試乗。中でもパワフルな「クーパーSD クラブマン」は、MINIの生みの親であるアレック・イシゴニスも驚くであろう、相反する魅力を持ち合わせていた。
  • MINIジョンクーパーワークス クラブマン(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.10 試乗記 「MINIクラブマン」に追加されたホットモデル「ジョンクーパーワークス」に試乗。ワゴンボディーがもたらす高い利便性と、“JCW”専用チューニングによる高い走行性能は果たして両立するのか。340kmあまりのドライブで得られた結論とは?
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/CX-5 25S Lパッケージ【試乗記】 2017.8.10 試乗記 いい車とはなんだろう? その答えを見つけたければ、一気に遠くまで走ってみるといい。今回のロングドライブの相棒は「マツダCX-5」。名古屋をスタートして東海北陸道を北上し、和倉温泉を目指す300km余りの道のりで、同車とじっくり対話してみた。
  • MINIクーパーSクラブマン(FF/8AT)【レビュー】 2016.1.15 試乗記 2007年に登場したMINIのステーションワゴン「クラブマン」が2代目にフルモデルチェンジ。パワフルな2リッターターボを搭載した上級グレード「クーパーS」の試乗を通して、大幅なサイズアップの裏側に垣間見えるBMWの戦略を探った。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
ホームへ戻る