「MINIクーパー・クラブマン」
「MINIクーパー・クラブマン」日本初公開!【出展車紹介】

【出展車紹介】「MINIクーパー・クラブマン」日本初公開!

MINIブースでは、フランクフルトショーで発表した「クラブマン」のほか、「クーパーS JCW」などを出展する。

 
「MINIクーパー・クラブマン」日本初公開!【出展車紹介】
 
「MINIクーパー・クラブマン」日本初公開!【出展車紹介】
 
「MINIクーパー・クラブマン」日本初公開!【出展車紹介】

■「クラブマン」デビュー!

「MINI」の目玉は、日本初公開のクラブマンだ。ルーフラインを延長し、右側に観音開き式のドアを備えるシューディングブレークで、MINIの3番目のボディバリエーションとなる。

ノーマル「MINI」と較べ全長は約24cm、ホイールベースは約8cm延び全長×全幅×全高は3958×1683×1432mm(独カタログ値)。これにより後席足元のスペースが拡大。分割可倒式の後席バックレストを持ち、ラゲッジスペースも増えた。
心臓部はガソリンとディーゼルの計3種類をラインナップ。1.6リッターのツインスクロールターボチャージャーとそのNA、日本に導入されていないコモンレール式ターボディーゼルだ。

その他、ジョン・クーパー・ワークスのチューニングキットを用いたホットモデル「クーパーS JCW」などが並ぶ。

(別冊単行本編集室 鈴木)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIクラブマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「MINIクラブマン」に「ジョンクーパーワークス」が追加 2017.1.25 自動車ニュース BMWジャパンは2017年1月25日、MINIブランドのステーションワゴン「MINIクラブマン」のモデルラインナップに、「ジョンクーパーワークス クラブマン」を追加設定し、販売を開始した。価格は500万円。
  • MINIクーパーSD クラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.25 試乗記 ユニークな6枚ドアを持つ「MINIクラブマン」、そのクリーンディーゼル搭載モデルに試乗。中でもパワフルな「クーパーSD クラブマン」は、MINIの生みの親であるアレック・イシゴニスも驚くであろう、相反する魅力を持ち合わせていた。
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • MINIクーパーSクラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.1.12 試乗記 モデルチェンジを機に、これまでより上位のプレミアムコンパクトクラスへと階級を移した「MINIクラブマン」。パワフルな「クーパーSクラブマン」に試乗してみると、大きく立派になったことで得られた新型の長所が見えてきた。
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
ホームへ戻る