【出展車紹介】「トヨタ・クラウン ハイブリッドコンセプト」次期型クラウンをプレビュー

ハイブリッド車のラインナップ拡充を狙うトヨタ自動車は、コンセプトカーとして「クラウンハイブリッド」を出展する。他方でベースモデルが次期型クラウンであるところも注目。

■ハイブリッドシステムは「レクサスGS」譲り

初代クラウンが登場したのは、いまから半世紀以上前の1955年のこと。現行モデルは12代目にあたり、「高級車の新しい潮流を提示」するために“ゼロクラウン”として生まれ変わったのはご存知のとおり。
その現行モデルも2003年のデビューから約4年が経ち、そろそろニューモデルへの関心が高まりつつある絶妙のタイミングで公開されるのが、このクラウン ハイブリッドコンセプトである。

ハイブリッドと銘打つものの、基本的なスタイリングはガソリンエンジン版の次期クラウンとほぼ同じというのは公然の秘密。全長4870×全幅1795×全高1470mmのボディは現行型よりもわずかに大きく、横長のバーで形づくられるグリルや、伸びやかなサイドビューが、これまで以上に端正でスポーティな印象を高めている。

インテリアはクラウンにふさわしい落ち着いたデザインが特徴。メーター部はTFT液晶を用いた「ファイングラフィックメーター」を搭載し、さまざまな情報をドライバーに伝えてくれる。10個のSRSエアバッグや、エンジン/ブレーキ/ステアリングを統合制御するVDIMなど、安全装備も充実。肝心のハイブリッドシステムは、「レクサスGS」同様のTHSIIで、2リッターエンジン並みの燃費とV8級のパワーやスムーズさを両立することで、新しい時代にふさわしいクラウン像を示している。

(文=生方聡)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

クラウン アスリートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.12.6 試乗記 最大航続距離400kmをうたう新型「日産リーフ」に試乗。運転支援技術「プロパイロット」の搭載など、トピックに事欠かないニューモデルだが、やっぱり気になるのは“本当の”航続可能距離。540kmにおよんだテストドライブの結果を報告する。
  • ホンダ・シビックセダン(FF/CVT)/シビックハッチバック(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.24 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。イメージリーダーを務めるのはもちろんホットバージョンの「タイプR」だが、果たして“素”のモデルの出来栄えは? 「ハッチバック」と「セダン」、それぞれの魅力を探った。
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記
  • シボレー・カマロSS(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.9 試乗記