「日産インティマ」
「日産インティマ」ゴージャス一直線【出展車紹介】

【出展車紹介】「日産インティマ」ゴージャス一直線

「SHIFT_(シフト)」を東京モーターショー2007の展示テーマにかかげる、日産自動車。インテリアのコンセプトを次世代にシフトさせた、ラクシャリーサルーン「インティマ」を展示する。

ドアは150度観音開きになる。
「日産インティマ」ゴージャス一直線【出展車紹介】
ルーフまで広がるフロントウィンドウ。内装色とも相まって、室内は明るい。
「日産インティマ」ゴージャス一直線【出展車紹介】

「日産インティマ」ゴージャス一直線【出展車紹介】

インティマは、ミドルエイジのユーザーに向けた新世代の大型サルーンだ。

全長×全幅×全高=4980×1840×1450mmで、ホイールベース=2825mm。「シーマ」級の堂々たる体躯は、流麗なシルエットでありながら、サイドのキャラクターラインなどエッジが際立つ。
ルーフに目をやれば、フロントウィンドウがルーフ後方にまで(!)のび、陽光をキャビンにさんさんと注がせる。
パワーユニットは、粛々とまわる大型ガソリンユニット……と思いきや、V6のクリーンディーゼルエンジンを搭載。駆動方式はFFだ。

ずばり「アート」を謳う室内には、150度観音開きになるドアからアクセスする。
その意匠は、日産が提唱してきた「モダンリビングコンセプト」の次世代をになうというもの。直線を基調としたため、ときに「冷たい印象」を持たれることがあった従来のデザインに、「やすらぎ」「もてなし」といった要素を加えたという。

キャビンの中央には、ボルボの「フリーフローティング・センタースタック」やトヨタの「フライングバットレス」を思わせる浮遊型ダッシュボードがセンターコンソールからリアシートの後ろまで連なる。座席数を4つに区切ることで、それぞれの座席にゆとりをあたえた。
なお、助手席は福祉車両のように80度外側に回転し、乗り降りしやすくなっている。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。