ベストセラー「ホンダ・フィット」、2代目にバトンタッチ

2007.10.18 自動車ニュース
新型「ホンダ・フィット」(1.3リッターモデル)
ベストセラー「ホンダ・フィット」、2代目にバトンタッチ

ベストセラー「ホンダ・フィット」、2代目にバトンタッチ

本田技研工業は2007年10月18日、コンパクトカー「フィット」をフルモデルチェンジし、10月26日に発売すると発表した。

発表会ではホンダの福井威夫社長自らクルマを紹介。「我々の自信作」と太鼓判を押した。
発表会ではホンダの福井威夫社長自らクルマを紹介。「我々の自信作」と太鼓判を押した。

ベストセラー「ホンダ・フィット」、2代目にバトンタッチの画像

■直球勝負

2001年6月に初代が生まれてから、6年と4か月。「ホンダ・フィット」が満を持して、初のフルモデルチェンジをはたした。
内外装はもちろん、エンジンも完全新設計で、パワーアップ&燃費アップ。ユーティリティにはさらなる磨きをかけたという。

2002年、「トヨタ・カローラ」から年間販売台数トップの座を奪ったベストセラー。
今年7月には「マツダ・デミオ」が基本コンセプトごとフルモデルチェンジ、8月には「トヨタ・ヴィッツ」がマイナーチェンジを行った。ライバルたちに動きが見られるなか、迎撃する新型「フィット」の開発コンセプトは、「ド真ん中の直球勝負」。デザイン、使いやすさ、動力性能、経済性について、全方位的な正常進化を図ったという。

ラインナップは、従来どおりの1.3リッターと1.5リッターの2本立て。価格は、119万7000円(1.3リッター、FF)から178万5000円(1.5リッター、4WD)までとなっている。
月間の目標販売台数は、1万2000台だ。

カットモデルで見るインテリア(リアシートをチップアップした状態)。
ボディのコンピューター解析が進歩したため、車重をほとんど増やすことなく先代比164%の剛性を実現したという。
カットモデルで見るインテリア(リアシートをチップアップした状態)。
ボディのコンピューター解析が進歩したため、車重をほとんど増やすことなく先代比164%の剛性を実現したという。
ベストセラー「ホンダ・フィット」、2代目にバトンタッチの画像

■超前傾姿勢

いままで、115か国で累計200万台が売れたという「ホンダ・フィット」。重責をになう2代目は、初代のアピールポイント、すなわち、「センタータンクレイアウト」や「ウルトラシート」はそのままに、存在そのものを見直すところから開発されたという。

寸法は、全長×全幅×全高=3900×1695×1525mm。高さはそのまま、55mm長くなった。ホイールベースも同程度(50mm)延長され、2500mmに。さらに、トレッドも、フロント35mmリア30mmそれぞれ広げられ、乗員の肩や膝にはゆとりが増した。

そのいっぽうで、外観はシャープになった。Aピラーは先代に比べて120mm前方に移動(「超フォワードキャビン」)。ノーズからルーフへとつながるウェッジシェイプが強調された。
先代では、グレードによる外観上の違いはなかったが、今回は明らかな差別化が図られた。ベーシックグレード(1.3リッター)はシンプルに、上位グレード(1.5リッター)はエアロパーツなどで飾られ、スポーティな性格を視覚的にもアピールする。

1.5リッター「i-VTEC」エンジン。同排気量ながら、先代より10psパワーアップした。
「先代モデルに数々の変更や改良を加えつつ価格がほぼ据え置かれた」点も大きな自慢。
ベストセラー「ホンダ・フィット」、2代目にバトンタッチ

■新エンジンでパワーアップ

パワーユニットは、完全新設計。1.3リッター(100ps/6000rpm、13.0kgm)と1.5リッター(120ps/6600rpm、14.8kgm/4800rpm)の「i-VTEC」ユニットが搭載された。
冷却効率やピストンヘッドの形状などを見直し、気筒あたりのバルブ数を2本から4本に増やした1.3リッターモデルで14ps、1.5リッターでも10ps、先代よりパワーアップした。
FFモデルに組み合わされるCVTも一新。各パーツの低フリクション化、ハイレシオ化などにより燃費向上に寄与。1.3リッター「G」では低回転時に吸気バルブの片方を休止させ、24.0km/リッターの10・15モード燃費を実現するなど、環境性能も両立した。
実用燃費でみれば、先代に比べて1.3リッターモデルで約9%、1.5リッターモデルで約6%の向上が見られたという。

足まわりは、フロントがマクファーソンストラットで、リアがトーションビーム式。サスセッティングは、排気量別に専用となる。

フロア下にスペアタイヤは置かれない。ボードをアレンジして空間を広げたり、棚を作ったりできる(ウルトララゲッジ)。
フロア下にスペアタイヤは置かれない。ボードをアレンジして空間を広げたり、棚を作ったりできる(ウルトララゲッジ)。
ステアリングの意匠は「シビック」らと共通。フィットに搭載される純正カーナビは、新機能を盛り込んだ次世代機となる。
ステアリングの意匠は「シビック」らと共通。フィットに搭載される純正カーナビは、新機能を盛り込んだ次世代機となる。

■あくなき「便利への道」

ユーティリティ性も声高にアピールされる。
先代のウリであった、多彩なアレンジが可能な「ウルトラシート」は、継承。ただし、「どんな機能も使えてナンボ」と、操作方法を簡略化することにこだわった。たとえば、リアシートのフルフラット動作は、ワンアクションで可能になった。
スペアタイヤを廃したおかげで、フロア下にも64リッターの空間を確保。フロアボード自体まで棚として使う貪欲さだ。なお、荷室総容量は、5名乗車時で約427リッター。ドリンクホルダーは10か所あり、ホンダ車中で最多である。
ほか、チルト&テレスコピック両方調節できるステアリング、従来から3倍広くなった三角窓など、運転に関わる部分にも配慮された。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フィットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る