【スペック】全長×全幅×全高=4250×1780×1430mm/ホイールベース=2640mm/車重=1430kg/駆動方式=FF/2.5 リッター直5DOHC20バルブターボ・インタークーラー付き(230ps/5000rpm、32.6kgm/1500-5000rpm)/価格=387万円(テスト車=426万8000円)

ボルボC30 T-5(FF/5AT)【ブリーフテスト】

ボルボC30 T-5(FF/5AT) 2007.10.18 試乗記 ……426万8000円
総合評価……★★★★★
ボルボの新型コンパクトクーペ「C30」。ハイプレッシャーターボエンジンを搭載した最速モデル「T-5」に試乗した。

割り切りの良さが魅力

「C30」の一番の魅力は、やはりスタイリング、特にリアビューだ。最初はちょっと大胆過ぎるかも……とも思ったが、見慣れてくると個性があってとても魅力的に映る。ガラス製のリアゲートを開けた姿も軽快でスタイリッシュ。単なる実用車ではなく若々しく颯爽としたライフスタイルを演出する小道具としてのコンパクトカーなのだというアピールが、ここに見事に集約されている。

その分、実用性は犠牲にされている部分もある。ドアは2枚しかないし、乗車定員は4名。ラゲッジスペースの入口は狭いしその容量も小さい。しかし目的がハッキリしたクルマだけに、それも決定的なネガにはならないだろう。というか、そういう割り切りの良さこそが、C30を魅力的に見せているのだ。

上級モデルである「S40」「V50」と多くの部分を共有しているだけに、走りっぷりもライバルと目されるCセグメントのコンパクトカーたちに対して余裕を感じさせる。試乗した「T-5」のエンジンは排気量2.5リッターのターボユニットで、最高出力は230psに達するが、シャシーはパワーを持て余している感はないし、乗り心地の質も高い。
生活のクオリティにこだわりをもった人ならば、老若男女誰にでもオススメと言える。男性にも似合うだろうし、女性にも若いカップルにもいい。あるいは子供が成人して独立した夫婦にとっても良い選択となるのではないだろうか。

個人的には、先代「NEW MINI」に真っ先に手を伸ばし、そしてそろそろ買い替えをと考えつつも、乗り換える対象が見つけられずにいるなんて人、とりわけ僕と同じ30代前後の女性になんてピッタリの1台ではないかと思う。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ボルボV50 2.0e パワーシフト(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2009.4.1 試乗記 ……307.0万円
    総合評価……★★★★

    これまでボルボワゴンに食指を動かされながらも、345万円からという価格をネックと感じていたユーザーにとって、本命といえそうなモデルが登場した。
  • ボルボC30/S40/V50 2.0e パワーシフト(FF/6AT)【試乗記】 2009.5.11 試乗記 ボルボC30/S40/V50 2.0e パワーシフト(FF/6AT)
    ……279.0万円/289.0万円/299.0万円

    ボルボの新しいエントリーグレード「2.0e パワーシフト」は、燃費がジマン。500kmを超えるエコラン競走に参加してわかった、その実力は?
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ボルボC30 T-5(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2007.10.18 試乗記 ……426万8000円
    総合評価……★★★★★

    ボルボの新型コンパクトクーペ「C30」。ハイプレッシャーターボエンジンを搭載した最速モデル「T-5」に試乗した。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】NEW 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
ホームへ戻る