「VWジェッタ」にも高性能&低燃費のTSIエンジン採用

2007.10.17 自動車ニュース

「VWジェッタ」にも高性能&低燃費のTSIエンジン採用

フォルクスワーゲングループジャパンは、スポーティセダン「ジェッタ」に直噴ツインチャージャーエンジン搭載の「ジェッタTSIコンフォートライン」を追加。2007年10月30日から発売する。

「ジェッタTSIコンフォートライン」は、先に発表された「ゴルフGT」「ゴルフトゥーラン」「ゴルフヴァリアント」にも用いられた、1.4リッターツインチャージャーエンジン(170ps/6000rpm、24.5kgm/1500-4750rpm)を搭載するモデル。従来の2リッターFSIエンジンの「ジェッタ2.0」に換わるモデルとなる。
これに伴い、2リッター直噴ターボの「ジェッタ2.0T」もグレード名を変更し、「ジェッタ2.0TSIスポーツライン」となった。組み合わされるトランスミッションは、両グレードとも6ATから6段DSG(2ペダル6MT)に変更された。

同時にエクステリアも小変更され、クロームツインエキゾーストパイプやボディ同色のアンダースポイラー(フロント/リア)が追加された。

価格は、「TSIコンフォートライン」が293.0万円、「2.0TSIスポーツライン」は362.0万円となる。 

(webCGワタナベ) 

「VWジェッタ」にも高性能&低燃費のTSIエンジン採用の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ジェッタの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ジェッタ 2014.4.18 画像・写真 フォルクスワーゲンがNYショーで公開した新型「ジェッタ」を写真で紹介。
  • フォルクスワーゲン・ジェッタ 2.0(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2006.4.1 試乗記 ……289.0万円
    総合評価……★★★★

    輸入車が幅を利かせるスポーティセダンセグメントにVWが投入したのは、「ゴルフ」ベースのセダン「ジェッタ」。ベーシックグレード「2.0」に試乗し、トランクルームの広さにとどまらないセダンとしての使い勝手のよさと、その走りを検証した。


  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
ホームへ戻る