フォルクスワーゲン「ポロ1.4」に6段ATを採用

2007.10.17 自動車ニュース

フォルクスワーゲン「ポロ1.4」に6段ATを採用

フォルクスワーゲングループジャパンは、コンパクトハッチ「ポロ」の1.4リッターモデルに6段ATを採用し、2007年10月16日に発売した。

今回の変更は、「ポロ」の1.4リッターモデルのトランスミッションを4段ATから6段ATにしたもの。さらにエンジン出力も見直され、5psアップの80psに引き上げられた。
これにより、高速走行時の静粛性や燃費が向上したという。

価格は、2ドアの「1.4トレンドライン」が据え置きの169.0万円、4ドア「1.4コンフォートライン」は4.0万円アップの199.0万円となる。

(webCGワタナベ)

フォルクスワーゲン「ポロ1.4」に6段ATを採用の画像

関連キーワード:
ポロフォルクスワーゲンイベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 フォルクスワーゲンのコンパクトハッチバック「ポロ」の新型が、いよいよ日本に上陸。世界で累計1400万台以上、日本に限っても25万台以上のセールスを記録する、ベストセラーモデルの出来栄えをチェックした。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)【海外試乗記】 2018.2.27 試乗記 間もなく日本に導入される6代目「フォルクスワーゲン・ポロ」。そのハイパフォーマンスバージョンである「GTI」に、フランスのニースで試乗した。ライバルに肩を並べる高い動力性能と、日常性を犠牲にしない洗練されたドライブフィールをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記 成長したのはボディーサイズだけにあらず。6代目となる「フォルクスワーゲン・ポロ」がいよいよ登場。“MQB”世代のコンポーネンツが用いられた新型は、Bセグメントのスタンダードを塗り替えるほどの実力を持ち合わせていた。
  • 谷口信輝の新車試乗――フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(前編) 2018.4.19 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回試乗したのは、フルモデルチェンジで6代目となったフォルクスワーゲンのコンパクトモデル「ポロ」。その仕上がりを、プロはどう評価するのか?
  • 新型「フォルクスワーゲン・ポロ」発表会の会場から 2018.3.20 画像・写真 累計販売台数は1400万台! フォルクスワーゲン グループ ジャパンがコンパクトハッチバックの6代目「ポロ」の新型を日本で発表。新世代プラットフォーム「MQB」が使用された新型の姿を、発表会の様子とともに紹介する。
ホームへ戻る