フォルクスワーゲン「ポロ1.4」に6段ATを採用

2007.10.17 自動車ニュース

フォルクスワーゲン「ポロ1.4」に6段ATを採用

フォルクスワーゲングループジャパンは、コンパクトハッチ「ポロ」の1.4リッターモデルに6段ATを採用し、2007年10月16日に発売した。

今回の変更は、「ポロ」の1.4リッターモデルのトランスミッションを4段ATから6段ATにしたもの。さらにエンジン出力も見直され、5psアップの80psに引き上げられた。
これにより、高速走行時の静粛性や燃費が向上したという。

価格は、2ドアの「1.4トレンドライン」が据え置きの169.0万円、4ドア「1.4コンフォートライン」は4.0万円アップの199.0万円となる。

(webCGワタナベ)

フォルクスワーゲン「ポロ1.4」に6段ATを採用の画像

関連キーワード:
ポロフォルクスワーゲンイベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記 成長したのはボディーサイズだけにあらず。6代目となる「フォルクスワーゲン・ポロ」がいよいよ登場。“MQB”世代のコンポーネンツが用いられた新型は、Bセグメントのスタンダードを塗り替えるほどの実力を持ち合わせていた。
  • スズキ、新型クロスオーバーの「クロスビー」を発表 2017.12.25 自動車ニュース スズキが新型車「XBEE(クロスビー)」を発表。ワゴンとSUVの融合をうたったクロスオーバーモデルで、コンパクトでありながら大人5人が乗れる居住性と積載性を実現。180mmの最低地上高と走行モード切り替え機構により、十分な走破性もかなえているという。
  • アルファ・ロメオ・ステルヴィオ クアドリフォリオ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.12.27 試乗記 アルファ・ロメオの新型SUV「ステルヴィオ」に高性能バージョンの「クアドリフォリオ」が加わった。510psを絞り出す2.9リッターV6ツインターボユニットを得て、その走りはどう変わったか? アラブ首長国連邦随一の峠道に挑む。
  • BMW G310GS(MR/6MT)【レビュー】 2017.12.23 試乗記 BMWの世界戦略を担う小排気量モデル「G310」シリーズ。その第2弾として、BMW得意のアドベンチャースタイルをまとう「G310GS」が登場した。圧巻のブランド力を誇る、“GS”という看板を背負った最新モデルのライドフィールを一言で表すと?
ホームへ戻る