ダッジ/ロードスターのコンセプトモデル「デーモン」【出展車紹介】

【出展車紹介】ダッジ、ロードスターのコンセプトモデル「デーモン」

この6月に日本に導入されたブランドのダッジからは、コンセプトモデルが登場する。コンパクトなロードスターモデルの「デーモン」だ。

■ライトウェイトスポーツ?

マッチョでパワフルなイメージは、他のダッジ車とも共通するものである。しかし、サイズは全幅が1736mm、全長が3974mmとコンパクトなもので、ライトウェイトスポーツといってもいい。

FRでロングノーズ、ショートデッキというクラシカルな成り立ちだが、ディテールにはモダンな意匠が取り入れられている。2.4リッター直4エンジンに6段マニュアルトランスミッションが与えられている。

すでに導入されている「キャリバー」「ナイトロ」「チャージャー」「アベンジャー」の4車種もあわせて展示される。

(別冊単行本編集室 鈴木)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

チャージャーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • ブガッティ、最高出力1500psの「シロン」を日本に導入
    2016.11.11 自動車ニュース ブガッティが新モデルの「シロン」を日本で発表した。ほぼすべてのコンポーネントを新設計とした8リッターW16 4ターボエンジンが搭載されており、動力性能については0-100km/h加速が2.5秒未満、最高速が420km/hと公称されている。
  • ダッジ・チャージャー SRT8(FR/5AT)【海外試乗記(前編)】 2007.8.16 試乗記 ダッジ・チャージャー SRT8(FR/5AT)

    2007年6月に日本導入が開始された、ダッジブランド。そのなかで日本未発売のビッグセダン「チャージャー」の最速モデルに試乗した。
  • 【デトロイトショー2017】レクサス、最上級セダンの新型LSを世界初公開NEW 2016.12.9 自動車ニュース レクサスがデトロイトショーで最上級セダンの新型「LS」を世界初公開すると発表した。5代目となる新型LSは、車体に「新GA-L」と呼ばれるプラットフォームを採用。ブランドの最上級車種にふさわしい先見的なテクノロジーを採用しているという。
ホームへ戻る