【スペック】全長×全幅×全高=4565×1785×1470mm/ホイールベース=2575mm/車重=1440kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボインタークーラー付+スパーチャージャー(170ps/6000rpm、24.5kgm/1500-4750rpm)/価格=293.0万円(テスト車=同じ)

フォルクスワーゲン・ジェッタTSIコンフォートライン(FF/2ペダル6MT)【試乗速報】

ついにジェッタも 2007.10.17 試乗記 フォルクスワーゲン・ジェッタTSIコンフォートライン(FF/2ペダル6MT)
……293.0万円
直噴ツインチャージャーエンジンを搭載したモデルがセダンにも登場。4車種目となる「ジェッタTSIコンフォートライン」に試乗した。

フォルクスワーゲン・ジェッタTSIコンフォートライン(FF/2ペダル6MT)【試乗速報】

ラインナップも変更

2006年末、とある自動車メディアの取材で「2007年の注目は?」と聞かれ、私は「フォルクスワーゲンの“ツインチャージャー”かなぁ」と期待を込めて答えたことがあった。
そして、蓋を開けたら、第1弾の「ゴルフGT TSI」は、日本向けの生産割当が需要に追いつかないほどの大人気。第2弾の「ゴルフトゥーラン」には2種類のツインチャージャーエンジンが用意され、こちらも予想以上に好調な販売だという。第3弾の「ゴルフヴァリアント」は、ツインチャージャーエンジンの「TSIコンフォートライン」と2リッター直噴ターボの「2.0 TSIスポーツライン」の2タイプのうち、初期の受注の7割がTSIコンフォートラインだというから、ツインチャージャー人気は勢いを増す一方だ。

そんなツインチャージャー旋風を“ジェット気流”でさらに加速させようというのが、「ジェッタTSIコンフォートライン」である。
これまでは、2リッターの自然吸気直噴エンジンを搭載する「2.0」と、そのターボ版の「2.0T」の2モデルがラインアップされていたジェッタは、他のモデル同様、2リッターNAが1.4リッターのツインチャージャーに置き換わって「ジェッタTSIコンフォートライン」を名のり、これに合わせるように、2リッターターボが「ジェッタ2.0TSIスポーツライン」になった。価格は前者が2万円アップの293万円、後者は据え置きの362万円である。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ジェッタの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ジェッタ 2014.4.18 画像・写真 フォルクスワーゲンがNYショーで公開した新型「ジェッタ」を写真で紹介。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • フォルクスワーゲン・ジェッタ 2.0 FSI(6MT)【海外試乗記】 2005.9.15 試乗記 フォルクスワーゲン・ジェッタ 2.0 FSI(6MT)

    ゴルフの3BOX版「ジェッタ」が、ゴルフVベースで生まれ変わった。日本では「ボーラ」と呼ばれていたが、今回から全世界で、晴れて(?)ジェッタになった新型にドイツで乗る。その印象は?


ホームへ戻る