「ジープ・チェロキー」が初お目見え【出展車紹介】

【出展車紹介】「ジープ・チェロキー」が初お目見え

ジープブランドでは、「チェロキー」「グランドチェロキー」「ラングラー」「パトリオット」の4車種が並べられる。

「ジープ・チェロキー」が初お目見え【出展車紹介】

■さらにオンロード寄りに

日本初公開となる新型「ジープ・チェロキー」は、「伝統的な頑強さとオフロード性能を引き継ぎつつ、さらに新しいレベルで洗練されたオンロード走行も提供する」と謳われる。3.7リッターのV6エンジンを搭載し、4段オートマチックトランスミッションが組み合わされる。

カナメとなる4WDシステムは、「セレクトラックIIアクティブフルタイム4×4システム」。車輪の空転が起きる前に予測してそれを防止するという。また、ヒルディセントコントロール、ヒルスタートアシストが標準装備され、坂の上り下りをより容易に行うことができるようになっている。

(別冊単行本編集室 鈴木)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ラングラーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「ロサンゼルスショー2017」の会場から(ジープ) 2017.12.4 画像・写真 いよいよ登場した新型「ラングラー」に、700psオーバーのモンスターSUV「グランドチェロキー トラックホーク」の姿も。ロサンゼルスオートショー2017の会場から、話題満載のジープブースの様子を写真でリポートする。
  • 【LAショー2017】ジープ、新型「ラングラー」をお披露目 2017.11.6 自動車ニュース FCAがロサンゼルスオートショーで新型「ジープ・ラングラー」を世界初公開すると発表した。今回の新型は、従来モデルから伝統的な意匠を受け継ぎつつ、より低燃費なパワートレインや、先進の安全装備などが取り入れられるという。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • ランドローバー・ディフェンダー ワークスV8 2018.1.17 画像・写真 英ジャガー・ランドローバーは2018年1月17日、ランドローバーの70周年を記念して、5リッターV8自然吸気ガソリンエンジンを搭載する「ディフェンダー ワークスV8」を150台限定で発売すると発表した。同車の詳細を写真で紹介する。
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
ホームへ戻る