【出展車紹介】「スバル・インプレッサWRX STI」レガシィから譲り受けたSIドライブ搭載

富士重工業が東京モーターショーで初公開するのは、2007年6月にフルモデルチェンジした「スバル・インプレッサ」のハイパフォーマンスグレード「WRX STI」だ。

■専用エンジン、6段MT、フロント倒立ストラットサス、ほかは……

実は現時点で肝心なことは何も知らされていない。エンジンの出力、トルク、シャシーの詳細もである。
しかし、以下のことが判明した。正式発表が10月24日、すなわち東京モーターショーのプレスデイ当日であること。つまり、読者の皆さんは会場に足を運びさえすれば、その全容を知ることができるというわけだ。
そのいでたちは、ノーマルハッチバックをベースとしながらもフェンダーが大きくフレアする別物で、当然それなりの迫力を備えている。

サイズは全長4415×全幅1795×全高1475mm、トレッド前1530/後1540mmで、タイヤは245/40R18を履く。エンジンは専用設計の、ボクサー2リッターDOHCツインスクロールターボ・インタークーラー付き。バルブギアにデュアルAVCS(アクティブバルブコントロールシステム)が備わる。
サスペンションはフロントに倒立ストラットを使う。ギアボックスは6段MTで、いうまでもなく4WD。「SIドライブ」と呼ばれるコンソールでのブーストコントロールや、新世代のスタビリティコントロールを採用したのがキモだ。

(別冊単行本編集室 道田)


「スバル・インプレッサWRX STI」レガシィから譲り受けたSIドライブ搭載【出展車紹介】の画像 拡大
シフトノブ下方に位置するダイヤルが、SIドライブのコントローラー。
シフトノブ下方に位置するダイヤルが、SIドライブのコントローラー。
    拡大
エンジンはSTI専用となるが、スペック等詳細はあかされていない。
エンジンはSTI専用となるが、スペック等詳細はあかされていない。
    拡大
フロントフェンダー後部に、エアアウトレットが見て取れる。ホイールはオプションのBBS。
フロントフェンダー後部に、エアアウトレットが見て取れる。ホイールはオプションのBBS。
    拡大

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • 「スバル・インプレッサ」にお得な価格設定の特別仕様車 2018.2.26 自動車ニュース スバルは2018年2月26日、「インプレッサ」にスバル60周年記念特別仕様車「1.6i-L EyeSight Sスタイル」を設定し、同年4月24日に発売すると発表した。同車は、すでに2月1日に先行受注を開始している。
  • スバルが「インプレッサ」を一部改良 アイサイトの機能強化 2017.9.11 自動車ニュース スバルは2017年9月11日、「インプレッサ」に一部改良を実施し、同年10月5日に発売すると発表した。先進運転支援システム「アイサイト」の夜間走行における歩行者認識性能を強化したほか、後退時自動ブレーキシステムを追加した。
  • マツダ・アテンザ【開発者インタビュー】 2018.5.26 試乗記 現行型「マツダ・アテンザ」が、デビュー6年目にして4回目の改良を受けた。過去に例を見ないほどの“ビッグマイナーチェンジ”は、なにを意図してのものなのか? マツダのフラッグシップモデルを進化させるという重責を担った、主査の脇家 満さんに話をうかがった。
ホームへ戻る