ゴルフヴァリアントにアイドリングストップ車

2012.02.21 自動車ニュース

「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント」にアイドリングストップ搭載の新エントリーグレードが登場

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2012年2月21日、ゴルフのステーションワゴン「ゴルフヴァリアント」に、アイドリングストップ機構などを搭載した新しいエントリーグレード「ゴルフヴァリアントTSIトレンドライン ブルーモーション テクノロジー」を設定し、2012年3月23日に販売を開始すると発表した。

■エンジンを1.2リッターにダウンサイジング

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、2012年1月に「ゴルフ」として初めて「Start/Stopシステム」(=アイドリングストップ機構)を搭載した「ゴルフTSIトレンドライン ブルーモーション テクノロジー」を発売しているが、今回、「ゴルフヴァリアント」にもブルーモーション テクノロジー(以下BMT)採用車が設定された。

BMTは、スタートストップシステムに、減速時にバッテリーへの充電を積極的に行う「ブレーキエネルギー回生システム」を組み合わせた燃費向上技術。すでに「シャラン」や「パサート」、「トゥアレグ」などに搭載されている。

「ゴルフヴァリアントTSIトレンドライン ブルーモーション テクノロジー」は、「ゴルフヴァリアントTSIトレンドライン プレミアムエディション」にBMTシステムを搭載したことに加えて、エンジンが1.4リッターTSI直噴ターボ(122ps)から1.2リッターTSI直噴ターボ(105ps)に“ダウンサイジング”されている。これにより、10・15モード燃費は16.4km/リッターから18.4km/リッターに向上。現行のエコカー減税(75%減税)と新エコカー補助金(10万円)の対象車にもなっている。

エントリーグレードながら、16インチアルミホイール+205/55R16タイヤ、本革巻き3本スポークステアリングホイール、オートライトシステム、レインセンサー、自動防眩(ぼうげん)ルームミラーなど装備も充実。フロントエアバッグに加えて、前後サイドエアバッグやカーテンエアバッグ、全席3点式シートベルト&ヘッドレストといった安全装備も標準装着である。オプションで電動パノラマスライディングルーフを選ぶこともできる。

価格は、ゴルフヴァリアントTSIトレンドライン プレミアムエディションと同じ279万円。なお、従来モデルは在庫がなくなり次第、販売終了となる。

(文=生方聡)

「ゴルフヴァリアントTSIトレンドライン ブルーモーション テクノロジー」
「ゴルフヴァリアントTSIトレンドライン ブルーモーション テクノロジー」
 
ゴルフヴァリアントにアイドリングストップ車の画像
 
ゴルフヴァリアントにアイドリングストップ車の画像
 
ゴルフヴァリアントにアイドリングストップ車の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る