ゴルフヴァリアントにアイドリングストップ車

2012.02.21 自動車ニュース

「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント」にアイドリングストップ搭載の新エントリーグレードが登場

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2012年2月21日、ゴルフのステーションワゴン「ゴルフヴァリアント」に、アイドリングストップ機構などを搭載した新しいエントリーグレード「ゴルフヴァリアントTSIトレンドライン ブルーモーション テクノロジー」を設定し、2012年3月23日に販売を開始すると発表した。

■エンジンを1.2リッターにダウンサイジング

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、2012年1月に「ゴルフ」として初めて「Start/Stopシステム」(=アイドリングストップ機構)を搭載した「ゴルフTSIトレンドライン ブルーモーション テクノロジー」を発売しているが、今回、「ゴルフヴァリアント」にもブルーモーション テクノロジー(以下BMT)採用車が設定された。

BMTは、スタートストップシステムに、減速時にバッテリーへの充電を積極的に行う「ブレーキエネルギー回生システム」を組み合わせた燃費向上技術。すでに「シャラン」や「パサート」、「トゥアレグ」などに搭載されている。

「ゴルフヴァリアントTSIトレンドライン ブルーモーション テクノロジー」は、「ゴルフヴァリアントTSIトレンドライン プレミアムエディション」にBMTシステムを搭載したことに加えて、エンジンが1.4リッターTSI直噴ターボ(122ps)から1.2リッターTSI直噴ターボ(105ps)に“ダウンサイジング”されている。これにより、10・15モード燃費は16.4km/リッターから18.4km/リッターに向上。現行のエコカー減税(75%減税)と新エコカー補助金(10万円)の対象車にもなっている。

エントリーグレードながら、16インチアルミホイール+205/55R16タイヤ、本革巻き3本スポークステアリングホイール、オートライトシステム、レインセンサー、自動防眩(ぼうげん)ルームミラーなど装備も充実。フロントエアバッグに加えて、前後サイドエアバッグやカーテンエアバッグ、全席3点式シートベルト&ヘッドレストといった安全装備も標準装着である。オプションで電動パノラマスライディングルーフを選ぶこともできる。

価格は、ゴルフヴァリアントTSIトレンドライン プレミアムエディションと同じ279万円。なお、従来モデルは在庫がなくなり次第、販売終了となる。

(文=生方聡)

「ゴルフヴァリアントTSIトレンドライン ブルーモーション テクノロジー」
「ゴルフヴァリアントTSIトレンドライン ブルーモーション テクノロジー」
 
ゴルフヴァリアントにアイドリングストップ車の画像
 
ゴルフヴァリアントにアイドリングストップ車の画像
 
ゴルフヴァリアントにアイドリングストップ車の画像

関連キーワード:
ゴルフヴァリアントフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • 2017ワークスチューニンググループ合同試乗会(後編:TRD/STI編)【試乗記】 2017.10.2 試乗記 日本メーカー直系のスポーツブランドの実力やいかに? NISMOと無限のマシンを紹介した前編に続いては、TRDの手になる特別な「86」と「エスクァイア」、STIがチューンした「インプレッサ」「レヴォーグ」の走りをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記