新型「トゥインゴ」
ルノー新型「トゥインゴ」を中心に、コンセプトカー&F1マシンを展示【出展車紹介】

【出展車紹介】ルノー新型「トゥインゴ」を中心に、コンセプトカー&F1マシンを展示

ルノーは、14年ぶりにフルモデルチェンジをした新型「トゥインゴ」を中心に、日本で発売されている中小型車の現行モデルに加え、コンセプトカー、F1マシーンなどを出品する。

「カングー・コンパクト・コンセプト」
ルノー新型「トゥインゴ」を中心に、コンセプトカー&F1マシンを展示【出展車紹介】
「ルノー・クリオRS(日本名ルーテシア)」
ルノー新型「トゥインゴ」を中心に、コンセプトカー&F1マシンを展示【出展車紹介】
ルノー新型「トゥインゴ」を中心に、コンセプトカー&F1マシンを展示【出展車紹介】

「ルノー・トゥインゴ」は、1993年にヨーロッパで発売され、コンパクトな車体と機能的なユーティリティが評価され14年もの長寿を誇った。2007年6月15日、フランス本国で発表された2代目トゥインゴは、東京ショーで日本初公開となる。「小型で使い勝手が良い」という特徴をそのままに精悍な印象に生まれかわった。

現行モデルでは、「ルーテシア」に内装を革とウッドトリムでシックに仕立てた「イニシアル・パリ」を設定、日本発売に先立ち展示する。スポーツモデル「ルーテシア・ルノー・スポール」は、198psを発揮する2リッターNAエンジンを搭載する。

9月のフランクフルトショーでワールドプレミアとなったコンセプトカー「カングー・コンパクト・コンセプト」は東京ショーにも登場。カングーをベースに、スポーツレジャーを楽しむ都市生活者たちへ向けてデザインしたコンパクトSUV。写真ではクローズになっているが屋根後部はオープンにもなる。

2005年、2006年とルノーは続けてF1ワールドチャンピオンを獲得している。今年はルノーにとっては厳しいシーズンとなっているが、タイトルホルダーであることには変わりない。
ルノーのF1マシーンとともに、2006年のワールドチャンピオンを獲得したマシーンに搭載されていた2.4リッターV8エンジンやF1のチャンピオントロフィーなども出品する。

(別冊単行本編集室 崎山)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カングーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場 2017.1.6 自動車ニュース 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場。装備を簡素化して価格を抑えたエントリーグレードで、パワープラントには0.9リッターターボ+6段EDCに加え、1リッター自然吸気+5段MTの組み合わせも用意される。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • スズキ、「スペーシア カスタムZ」を発売 2016.12.26 自動車ニュース スズキは2016年12月26日、軽乗用車「スペーシア」シリーズに新モデル「カスタムZ」を追加し、販売を開始した。併せて既存のスペーシアシリーズにも一部仕様変更を実施し、同日販売を開始した。
  • 【デトロイトショー2017】スバル、2018年型「WRX/WRX STI」を発表 2017.1.6 自動車ニュース 富士重工業は2017年1月6日、北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー/開催期間:2017年1月8日~22日)で、2018年型「スバルWRX/WRX STI」の米国仕様を公開すると発表した。
ホームへ戻る