【出展車紹介】ルノー新型「トゥインゴ」を中心に、コンセプトカー&F1マシンを展示

ルノーは、14年ぶりにフルモデルチェンジをした新型「トゥインゴ」を中心に、日本で発売されている中小型車の現行モデルに加え、コンセプトカー、F1マシーンなどを出品する。

「ルノー・トゥインゴ」は、1993年にヨーロッパで発売され、コンパクトな車体と機能的なユーティリティが評価され14年もの長寿を誇った。2007年6月15日、フランス本国で発表された2代目トゥインゴは、東京ショーで日本初公開となる。「小型で使い勝手が良い」という特徴をそのままに精悍な印象に生まれかわった。

現行モデルでは、「ルーテシア」に内装を革とウッドトリムでシックに仕立てた「イニシアル・パリ」を設定、日本発売に先立ち展示する。スポーツモデル「ルーテシア・ルノー・スポール」は、198psを発揮する2リッターNAエンジンを搭載する。

9月のフランクフルトショーでワールドプレミアとなったコンセプトカー「カングー・コンパクト・コンセプト」は東京ショーにも登場。カングーをベースに、スポーツレジャーを楽しむ都市生活者たちへ向けてデザインしたコンパクトSUV。写真ではクローズになっているが屋根後部はオープンにもなる。

2005年、2006年とルノーは続けてF1ワールドチャンピオンを獲得している。今年はルノーにとっては厳しいシーズンとなっているが、タイトルホルダーであることには変わりない。
ルノーのF1マシーンとともに、2006年のワールドチャンピオンを獲得したマシーンに搭載されていた2.4リッターV8エンジンやF1のチャンピオントロフィーなども出品する。

(別冊単行本編集室 崎山)

新型「トゥインゴ」
新型「トゥインゴ」
「カングー・コンパクト・コンセプト」
「カングー・コンパクト・コンセプト」
「ルノー・クリオRS(日本名ルーテシア)」
「ルノー・クリオRS(日本名ルーテシア)」
ルノー新型「トゥインゴ」を中心に、コンセプトカー&F1マシンを展示【出展車紹介】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カングーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 5人で寝られる「メルセデス・ベンツV220dマルコ・ポーロ ホライゾン」登場 2018.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年2月2日、「メルセデス・ベンツVクラス」のモデルラインナップに「V220dマルコ ポーロ ホライゾン」を追加設定し、同日、注文受け付けを開始した。納車は同年7月ごろとなる見込み。
  • 前編:新型「メガーヌGT」で駆ける 2018.1.31 最新ルノー・スポールを愉しむ<PR> ルノーのスポーツモデルには、同社のモータースポーツ活動を担うルノー・スポールの知見と技術が生かされている。その醍醐味(だいごみ)を、まずは新型「メガーヌGT」の走りを通して堪能した。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • フォルクスワーゲン、サウンドにこだわった3種の限定車を発売 2018.2.1 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2018年2月1日、「ゴルフ」「ゴルフヴァリアント」「ティグアン」に特別仕様車「ディナウディオエディション」をそれぞれ設定し、各300台の台数限定で発売した。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
ホームへ戻る