新型「トゥインゴ」
ルノー新型「トゥインゴ」を中心に、コンセプトカー&F1マシンを展示【出展車紹介】

【出展車紹介】ルノー新型「トゥインゴ」を中心に、コンセプトカー&F1マシンを展示

ルノーは、14年ぶりにフルモデルチェンジをした新型「トゥインゴ」を中心に、日本で発売されている中小型車の現行モデルに加え、コンセプトカー、F1マシーンなどを出品する。

「カングー・コンパクト・コンセプト」
ルノー新型「トゥインゴ」を中心に、コンセプトカー&F1マシンを展示【出展車紹介】
「ルノー・クリオRS(日本名ルーテシア)」
ルノー新型「トゥインゴ」を中心に、コンセプトカー&F1マシンを展示【出展車紹介】
ルノー新型「トゥインゴ」を中心に、コンセプトカー&F1マシンを展示【出展車紹介】

「ルノー・トゥインゴ」は、1993年にヨーロッパで発売され、コンパクトな車体と機能的なユーティリティが評価され14年もの長寿を誇った。2007年6月15日、フランス本国で発表された2代目トゥインゴは、東京ショーで日本初公開となる。「小型で使い勝手が良い」という特徴をそのままに精悍な印象に生まれかわった。

現行モデルでは、「ルーテシア」に内装を革とウッドトリムでシックに仕立てた「イニシアル・パリ」を設定、日本発売に先立ち展示する。スポーツモデル「ルーテシア・ルノー・スポール」は、198psを発揮する2リッターNAエンジンを搭載する。

9月のフランクフルトショーでワールドプレミアとなったコンセプトカー「カングー・コンパクト・コンセプト」は東京ショーにも登場。カングーをベースに、スポーツレジャーを楽しむ都市生活者たちへ向けてデザインしたコンパクトSUV。写真ではクローズになっているが屋根後部はオープンにもなる。

2005年、2006年とルノーは続けてF1ワールドチャンピオンを獲得している。今年はルノーにとっては厳しいシーズンとなっているが、タイトルホルダーであることには変わりない。
ルノーのF1マシーンとともに、2006年のワールドチャンピオンを獲得したマシーンに搭載されていた2.4リッターV8エンジンやF1のチャンピオントロフィーなども出品する。

(別冊単行本編集室 崎山)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カングーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • ルノーが「ルーテシアR.S.」をマイナーチェンジ 2017.7.6 自動車ニュース ルノー・ジャポンは、高性能ハッチバック「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」にマイナーチェンジを実施した。外装のブラッシュアップに加えて、新たに「シャシーカップ」グレードが設定された。
  • 100台限定、5段MTの「フィアット500」が登場 2017.6.28 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット500」に特別仕様車「500S Plus」を設定。2気筒の「ツインエア」エンジンに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた限定モデルで、100台が限定販売される。価格は236万5200円。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • 日産エクストレイル20Xハイブリッド/エクストレイル20X【試乗記】 2017.7.3 試乗記 日産のミドルクラスSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」の設定が話題となっているが、実際に試乗してみると、そのほかにも注目すべきトピックにあふれるクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る